新旧プラモつくっちゃうぞ!おもちゃもね・・・プラモデル製作日記です!

ガンプラや80年代のリアルロボ(ダグラム・ザブングル・ボトムズ等)の旧キット(モナカ)の改造・製作記事です。古いキット・ガチャ・食玩・なども紹介します。

80年代後期ロボットアニメ年代リスト


ロボットアニメ番組放送リスト その3
1980年代後期 ロボットアニメ・夢の終焉


 1980年から続いたリアルロボットブームも、1984年を頂点として、一気に転がり落ちるように番組数は減っていきます。
 ブーム当時は、小学生6年生だった子供が高校生になっている訳です。
 趣味や考え方も変わっくるのは当然の事でしょう・・・

 この時代のロボットアニメは、リアルだけを追求するのでは無く、色々なチャレンジを行います。



 『超力ロボ ガラット』は、ギャグロボットが変形して、スーパーロボットに変わると言う、大河原先生の真骨頂みたいなデザインが面白かったです。
 全編ギャグ一色で、サンライズとしては異色の作品になりました。


 『機甲界ガリアン』は、舞台は中世風でありながら、SFが混在していてメカ・ロボットが登場します。
 しかし、デザインがマッチングしていて違和感はありませんでした。
 唯一、主人公メカのガリアン(大河原先生デザイン)が浮きまくりでした・・・


 『蒼き流星SPTレイズナー』『超獣起神ダンクーガ』は、番組的には人気があったのですが、プラモとおもちゃの売れ行きが良くなかった為に、放送が打ち切りになります。
 特に、この2番組は最初から設定画を無視したディフォルメで描かれていました。
 しかし、売れなかったのは番組の所為だけはありません。
 レイズナーのプラモの出来は・・・動かない・似て無い・銃が金属 と、今までに無く酷いものでした。
 ダンクーガのおもちゃは・・・番組内のデザインはやり過ぎでしたが、設定画ともかなり異なっていました。
 この2番組は、打ち切りになった箇所を穴埋めする為に、後にオリジナル・ビデオ・アニメ(OVA)で発売される事になります。


 1980年代最後のオリジナルリアルロボットアニメ『機甲戦記ドラグナー』が、1988年1月30日に奇跡的に打ち切りにならずに放送を終了します。
 『ガンダム』の要素に『トップガン』をプラスした、青春ロボットアニメ?的な感じです。
 近距離・遠距離・援護 と用途に特化した機体は、特徴があって個人的には好きなデザインです。
 特にドラグナー3型は、レドームを頭部にしたデザインが秀逸です。
 大河原先生もお気に入りらしいです。 
 量産機が、試作機の機体データ・戦闘データを得て製作する事で、高性能になるのは当たり前ですが、量産機のドラグーンで、試作機であるD兵器を凌駕するシーンは衝撃でした。
 ドラグナーと言えば、OPに登場する張グナー(大張氏が書いたドラグナー)のイメージが強すぎて、設定画や番組内の作画が霞んでしまった事は残念でした。
 確かに、カッコイイですよね、張グナーは・・・
 当時はキャスト製の頭部が、かなり売れたらしいです。
 この頃から、インジェクションで出せない物は、キャストで発売する事がB社で定着しました。


 以降の番組には、ほとんど興味がありませんでした。
 永井豪氏原作の、『獣神ライガー』がDVDレンタルにあったので見たくらいでしょうか・・・
 期待していなかったからでしょうか?
 そこそこのバイオレンス描写とプチエロスがスパイスになって、普通に見れました。


80年代ロボットアニメリスト下期


 <ひとり言>
 
 ガンプラによって、プラモデルと言う物が広く認知されるようになりましたが、ブームと言うのは一過性の物です。
 接着・塗装を行う面倒なプラモデルから、離れて行きます。
 行き着く先は・・・1983年7月15日に発売されて、大ブームを作った あ・い・つ です。

 そうです!『ファミリーコンピューター』です。
 1984年には『ゼビウス』が、そして1985年には『スーパーマリオブラザーズ』が発売されて、一気にブームになります。
 このブームに、更なる活気を与える事になる『ドラゴンクエスト』が1986年に発売されます。
 小学生はもちろんのこと、中・高・大学生までもが、ファミコンの虜になります。
 
 ガンプラで一気に膨れ上がったプラモ市場が、ファミコンによって一気に冷えていきます。
 この代償でしょうか、次々と模型店やおもちゃ屋が閉店していきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/22(日) 09:47:53|
  2. ロボットアニメ年代リスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

80年代前期ロボットアニメ年代リスト


ロボットアニメ番組放送リスト その2 
1980年代前期 リアルロボット系アニメへの変革



 今回は、機動戦士ガンダムの放送が続いている、1980~84年のリストです。

 この時期は、ガンプラブームでロボットアニメが乱立します。
 しかし、一人の博士が作り上げたロボットを、熱血漢の主人公が乗るパターンは徐々に姿を消します。
 反対に、ロボットの存在理由とストーリー性が重視される事になります。
 
 スーパーロボットからリアルロボットへの変革です。
 それは徐々に、伝説巨神イデオン・太陽の牙ダグラム・戦闘メカ ザブングル・・・と形を変えて徐々に浸透していきます。

80年代ロボットアニメリスト上期

 1980年初期は、まだスーパーロボットが大手を振っています。
 パターンを破ろうと、色々と試行錯誤を行ってストーリーにアレンジを加えますが、結局はおもちゃを売るための番組です。
 子供に解り易い、勧善懲悪な話しになってしまうのは仕方のない事です。
 少子化による、おもちゃの売上低迷によって、陰りが見えてきます。

 それとは対照的に、ガンダムは放送の終了に近づくにつれて、人気が盛り上がります。
 そして、『伝説巨神イデオン』で、一部のコアなファンを完全に魅了しました。
 ロボットアニメでありながら、子供に媚びないストーリー!
 これぞ!富野マジックです。
 続く、戦闘メカ ザブングル・聖戦士ダンバイン・重戦機エルガイム・機動戦士Zガンダムと次々にヒットを飛ばしました。
 しかし、ダンバインの途中で、メインスポンサーはクローバーからバンダイに変わります。
 なぜなら・・・おもちゃが売れない事により、倒産に至ります。
 主力商品もおもちゃから、プラモデルに変わります。


 ポストガンダムを狙うべく、サンライズ内でも新たな番組を立ち上げます。
 リアルロボットアニメなのに、メカが苦手と言う高橋良輔 監督を起用して、おもちゃメーカーのタカラ(現:タカラトミー)と組んだ『太陽の牙ダグラム』と『装甲騎兵ボトムズ』です。
 ミリタリー色を強く出したダグラムは、運用・輸送方法等が細やかに描かれます。
 監督曰く、「ジープをイメージした」ボトムズのATは、乗り捨て・再生など今までに無かった運用方法で視聴者を唖然とさせました。ローラーダッシュ・アームパンチも斬新でした

 
 そして、変形をブームにさせた『超時空要塞マクロス』の奇抜なストーリーと、主役メカ バルキリーの説得力有るデザインで、スタジオぬえと河森正治の名前は一気にメジャー入りになります。

 なんと、タイムボカーンシリーズもついに、人型ロボットの登場となります。
 ヤットデタマンの大巨神は、毎度のパターン「大激怒」でお仕置き。
 イッパツマンでは、シリーズ初の敗北で逆転王から三冠王への交代も行われました。


 放送前に全話が完成していた異例の作品、『巨神ゴーグ』もありました。
 安彦良和氏が、原作・監督・キャラデザイン・メインメカデザイン・作画監督を行っています。
 作画・ストーリー共に安定していて、大長編映画を見ている感じでした。


 『銀河漂流バイファム』は、ガンダムの企画時に「十五少年漂流記」を元に作ったものを、原案として製作されました。
 ほとんど、子供達だけで話しが進みます・・・リアリティの欠片もありません。
 ほのぼのとした生活感溢れる話しや、そこそこの戦闘シーンもあって、肩肘を張らずに見れる作品です。
 唯一、女性にも勧められる、ロボットアニメなのではないでしょうか?
 メカファンにも、ちょいちょいサービスがあった事は見逃せません。
 ・宇宙空間用の増設タンクの登場
 ・トゥランファムの迷彩塗装タイプの登場
 ・後半に投入された『大気圏内飛行用オプション スリングパニアー』の登場
 スリングパニアーは、その後『機甲戦記ドラグナー』でも飛行ユニットとしてアレンジされました。
 絶対に飛ばない!と思うのですが、映像を見ると納得してしまう・・・
 さすが、大河原先生のデザインです。

 
 単発でも、色々な番組が製作されました。
 『モスピーダ』『ドルバック』『ガリアン』『ガラット』等・・・
 ほとんどが、プラモになって発売された事は、正に快挙でしょう。

 
 アニメメカ・モデラーにとっては、夢の時期でした・・・
 ピーク年の1984年には、19作品もありました。
 しかし、良い夢と言う物は早く覚めてしまうものです。


 次回は、1980年代後期
 『ロボットアニメ 夢の終焉』


 <ひとり言>

 1970年代のスーパーロボットのイントロでは、『**研究所で**星人の来襲に備えて巨大ロボット作ってあった』なんて事が当たり前でした。
 普通に考えると、正気の沙汰では無いですよね。
 この裏設定でも考えてみましょう。

 この研究所は財団法人なのでしょうか?
 「**星人の来襲」なんて言っても、国から認可が下りる訳は無いので、財団法人とは認められないでしょう。
 すると、運営資金はどうしたのでしょうか?
 凄い特許や大企業の経営などで、巨万の財源があったとしたら・・・
 その資金を元に研究所を設立して、巨大ロボットの設計・製造を行い、異星人の襲来を待つなんて・・・
 凄い道楽ですね。
 どうやら、ただの「き○がい博士」では無いようです。

 更に、そのロボットの個々の技術に対して全て特許を出願していたら・・・
 何百・・・いや!何千の特許が発生したに違いありません。
 スーパーロボットが、1台しか存在しない理由は、巨額な特許技術が絡んでいたからだったなんて!!
 
 ここで異星人が攻めてきたら、しめたものです
 敵を倒す代わりに、税金の免除・補助金などの要求をする事でしょう。
 更に、敵を倒す事で技術力の高さを証明する事になります。
 そう!スーパーロボットは、「戦う広告塔」だったのです。

 パイロットは、熱血の単細胞野郎です。
 きっと、安い給料で騙して、コキ使っていたのでしょう・・・

 ビル・ゲイツなんて、目じゃない大金持ちになった博士は、そろそろ幕を引く事にします。
 前から見つけていたのに、『敵の本拠地を発見した!』と、ワザとらしく言い放ちます。
 以前から練っていた計画を、たった今思いついた様に言う事で、更に信頼を得る事に成功します。
 盛り上がる単細胞のパイロットは、敵の本拠地を壊滅させます。
 その後は、引退して悠々自適な暮らしをした事でしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/15(日) 02:18:57|
  2. ロボットアニメ年代リスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

70年代ロボットアニメ年代リスト


ロボットアニメ番組放送リスト その1
1970年代 スーパーロボット系アニメの定着


 ブログを見て頂いている、カメイさんからロボットアニメのリストを載せているブログを知っていますか?
 との質問から、知らないなら作ってしまえ!って事で、資料をかき集めて作りました。
 作った理由は、自分も欲しかったからですけど・・・
 ソースは、宇宙船の別冊で見た70年代特撮番組リストです。

 本リストのロボットとは、人もしくはそれに準ずる物が操縦、もしくは操作する人型マシーンに限定しました。
 よって、『鉄腕アトム』『サイボーグ009』『ガッチャマン』等は対象外としています。
 ただし、ロボットアニメ第1作の『鉄人28号』の放送時期が『1963年10月20日~1966年5月25日』で1970年代から外れている事から除外しています。


70年代ロボットアニメリスト
横に続く矢印は、同時間帯もしくはシリーズ作品になります。

 リスト化して見る面白いですね。
 登場した時期はもちろんの事、シリーズ・継続番組の関係など一目で解ります。

 スーパーロボットは、永井豪先生・ダイナミックプロと東映あってのジャンルなんですね。
 丸4年間で7作品を作り続けた、アイディアと工夫は本当に偉大なものです。
 
 『マジンガーZ』は、搭乗・操縦する事で主人公と一体となって戦う姿は、スーパーロボットの祖と言っても過言では無いでしょう。
 例を挙げるなら
  ・基地の存在
  ・敵の組織化
  ・毎回登場する敵メカ
  ・技の名称を叫びながら繰り出す
 更に、敵と主人公達のパワーアップ競争が新たなドラマを生みます。
 水中戦用に足裏にスクリューを設けたり、武器の追加・パワーアップを行いました。
 しかし、何と言っても・・・『ジェットスクランダー』ですよね~
 手にミサイルを持って飛んだりして、何度も飛行を試みる事で、視聴者を釘付けにしてからの登場は感動物でしたね。  
 そして、アフロダイAからダイアナンAへの交代劇や、ボスボロットの様なお遊びキャラの登場もありました。
 最終回では、新たな敵ミケーネ帝国が現れて、満身創痍のマジンガーZが敗れて、グレートマジンガーが圧勝する交代劇で幕を閉じます。
 まさに、スーパーロボットの王道でした。


 その後の作品では、
 ・ゲッターロボで、変形?合体を行い
 ・ライディーンで、無理が少ない変形と、敵美形キャラの登場
 ・コンバトラーVで、無理が少ない変形・合体


 そしてスーパーロボットの極めつけが、富野 喜幸(現:富野由悠季)氏が総監督を手掛けた『ザンボット3』です。
 宇宙人である主人公達への迫害・人間爆弾の恐怖・人類が悪?との投げかけ・主人公以外の戦死・・・
 全23話と短い話数に込められた、一欠けらの遊びも感じさせない直球勝負の物語です。
 この作品を見た時は、まさにショックでした。
 ロボット物で、こんなドラマが見れるなんて思ってもいませんでした。


 1979年4月7日に、ロボットアニメに革命が起きる事になります。
 『機動戦士ガンダム』の放送です。
 今までのロボ物を強襲しながら、人間同士の戦争を描き・ロボットを兵器として扱い・重厚な人間ドラマを展開させます。
 すると、化学反応が起こり・・・この番組は大きく化ける事になります。

 次回は、1980年代 リアル路線への変革です。



 〈ひとり言〉

 異論はあると思いますが、以下の作品は本理由からロボットと解釈しました。

 1.アストロガンガー
 意思を持つ金属生命体に主人公が融合する事で戦える様になる、といった微妙な感じですが、表現としては乗り込んでいる様に見えなくも無いので、ロボットと解釈しました。
 アトムより、こちらのジャンルの方が近いですよね?

 2.UFO戦士ダイアポロン
 『合身』なる融合?巨大化?はありますが、こちらも乗り込んでいると解釈しました。
 アストロガンガーと対極にある、空っぽ?ロボットです。

 3.宇宙の騎士テッカマン
 ペガスは変身用の道具ですが、変身後も命令して動かしている事から、ロボットにしました。



 補足:現在(2011年05月07日)UFO戦士ダイアポロンと宇宙魔人ダイケンゴー以外は、DVDで発売されています。
 自分は全部ライブラリーにありますが、なかなか全部を視聴できませんね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/07(土) 12:59:27|
  2. ロボットアニメ年代リスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

イリコ・キューピー

Author:イリコ・キューピー
ガンダム・ダグラム・ザブングル・ボトムズ・ダンバイン・ドラグナーなどサンライズのリアルロボット系のプラモデルを中心に作っています。
作るプラモは、もちろん!旧キットです。

目的は、設定画のフォルムを再現する事です。
その為には、そこそこの改造が必要ですが、HGUCなどは一切使用しません。
可動よりフォルム優先で、作っています。

制作速度は遅いのに、変なこだわりを持って作っているので完成品がまだ少ないのですが、みなさんに見て頂く事で途中放置しないで続けて行ければと思っています。

息抜きに、旧キットの紹介・古いガチャや食玩・最近の買い物なども紹介します。

ご意見・ご感想などは、コメントからいただけたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

機動戦士ガンダム 旧キット (190)
(完)ズゴック ベストメカNO.10 (17)
(完)ジム ベストメカNO.17 (18)
(完)ゴッグ ベストメカNO.19 (29)
(完)アッガイ小田版 ベストメカNO.22 (10)
(完)アッガイ設定版 ベストメカNO.22 (26)
(完)ボール ベストメカNO.26 (10)
(完)エルメス ベストメカNO.30 (29)
(完)ゾック 1/144 (22)
量産型ゲルググ 1/144 (6)
(完)番外編 機動鋼人ガンボイ (23)
伝説巨神イデオン (24)
ロッグ・マック 1/600 (3)
(完)ズロオ・ジック 1/600 (11)
(完)ギル&デッカ・バウ 1/600 (10)
ゴンド・バウ 1/600 スクラッチ (0)
戦闘メカ ザブングル (61)
(完)トラッド11タイプ1/144 NO.7 (13)
(完)アイアン・ギアーLS 1/1000 (33)
(完)ドラン・ブラッカリィ・バッファロー1/1000 (14)
ザブングル1/144自作 (1)
超合金魂 (0)
聖戦士ダンバイン 旧キット (7)
ショウ・ザマ用ダンバイン 1/72 (7)
太陽の牙ダグラム SAKシリーズ (86)
(完)NO.2 ソルティック 1/72 (26)
(完)NO.7 インステッド 1/72 (7)
NO.12 ヤクト・ダグラム 1/72 『YOUつく』参加品 (37)
NO.22 2連装対空砲ザック 1/72 (3)
NO.25 ハンググライダー装着タイプ 1/72 (3)
陸上行動強化型ザック 1/72 (4)
水中行動強化型ザック 1/72 (2)
ダグラム・武装強化タイプ 1/72 (4)
MF製ネイティブダンサー1/72 (0)
装甲騎兵ボトムズ (6)
イグザートキャトル1/60自作 (3)
マスカレイドコング1/60自作 (0)
(完)ブロッカー1/60自作 (1)
(完)クレバーキャメル1/60自作 (1)
(完)ダイビングビートル1/60自作 (1)
銀河漂流バイファム (22)
NO.4 ディルファム 1/144 (22)
超力ロボ ガラット (12)
通学ロボ パティーグ (12)
機甲界ガリアン (1)
ミニプラ・鉄巨神 (1)
超時空要塞マクロス (2)
トマホーク1/72・WAVE製 (2)
超時空騎団サザンクロス (19)
(完)ジャンヌ少尉 1/12 (19)
テクノポリス21C (65)
(完)ブレーダー 1/16 (15)
(完)ビゴラス 1/16 (23)
(完)スキャニー 1/16 (21)
(完)テクドッグ・トム 1/16 (6)
タイムボカンシリーズ (19)
大巨神(ヤットデタマン) 1/230 (17)
大天馬(ヤットデタマン) 1/200 (2)
スーパーロボット系 (51)
(完)ライディーン ベスメカNO.31 (12)
(完)ドローメ スクラッチ (5)
(完)化石獣バストドン スクラッチ (6)
(完)ダイターン3 アニスケNO.1 (15)
(完)ゴールドライタン ベスメカNO.23 (13)
80年代アニメ・旧キット (11)
(完)ロボノイド 未来少年コナン (11)
90年代アニメ・キット (4)
テッカマンブレード1/16 (4)
東映特撮 (8)
イナズマン 1/24 ライジンゴー (3)
イナズマンF デスパー怪人 (1)
イナズマン イツツバンバラ (2)
超人バロム・1 オコゼルゲ (1)
超人バロム・1 ウデゲルゲ (1)
円谷特撮 (19)
(完)ゴモラ The特撮コレクション (11)
(完)スペル星人 HGサイズ (8)
ウルトラ怪獣消しゴム 補完計画 (17)
(完)1作目 スペル星人 (4)
(完)2作目 シルバーブルーメ (4)
(完)3作目 ブラックドーム (4)
(完)4作目ガヴァドンA (3)
5作目ゼットン星人 (2)
スケールキット (3)
ソビエト自走砲 SU-122 1/48 (2)
陸上自衛隊 10式戦車 1/35 (1)
模型用道具&材料 (6)
旧キット紹介 (54)
プラモ ミニカタログ (39)
キットレビュー (15)
駄物玩具(チープトイ) (61)
お奨めの書籍と映像 (3)
ジオン栄光の物品 (3)
各種リスト関係 (18)
ガンダムカラーリスト (4)
プラモ関係リスト (3)
ロボットアニメ年代リスト (3)
ウルトラ怪獣消しゴム (7)
旧キット再販 (4)
バンダイ HG・UC/FC (14)
モビルワーカー01式 漫画版 (4)
(完)旧ザク改造・作業用ザク (1)
(完)プチッガイ (4)
比較キットレビュー (4)
黒歴史 (1)
おもちゃ (44)
ゲーム関係 (1)
モンスターハンター関係 (6)
買い物 (91)
イベント (45)
自転車 (2)
ブログ関係 (33)
節目の挨拶 (15)
ブロ友さん (18)
その他 (6)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

AquariumClock 2

Amazon商品一覧【新着順】

Amazonでのおすすめ商品です。

S.H.モンスターアーツ スペースゴジラ
S.H.モンスターアーツ スペースゴジラ

S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ (初回特典付き)
S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ (初回特典付き)

S.H.モンスターアーツ ゴジラ (1995) 初回限定特典「東宝特撮メカ2種」付き
S.H.モンスターアーツ ゴジラ (1995) 初回限定特典「東宝特撮メカ2種」付き

ダイナマイトアクションNO.14 宇宙魔神ダイケンゴー ダイケンゴー
ダイナマイトアクションNO.14 宇宙魔神ダイケンゴー ダイケンゴー

超合金魂 無敵ロボ トライダーG7
超合金魂 無敵ロボ トライダーG7

戦車模型超級技術指南「塗装編」 (Master Piece collection)
戦車模型超級技術指南「塗装編」 (Master Piece collection)

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR