新旧プラモつくっちゃうぞ!おもちゃもね・・・プラモデル製作日記です!

ガンプラや80年代のリアルロボ(ダグラム・ザブングル・ボトムズ等)の旧キット(モナカ)の改造・製作記事です。古いキット・ガチャ・食玩・なども紹介します。

キットレビュー 第13回


キットレビュー 第13回
バンダイ製 1/12スケールキット 
スターウォーズ エピソードⅣ~Ⅵより ダースベイダー


 Xウィングに続いて購入していたのですが、かなり放置していました。
 パチ組みでさえも放置する、俺って・・・

 このキットの購入理由は、S.H.フィギュアーツの『ルーク・スカイウォーカー』の出来が良さそうなので、並べる為に欲しいと思った事。
 更に、S.H版のダースベイダーの出来が???で、高価だった事。
 写真比較の結果、プラモ版の方が安くて好みの形状でした。
 S.H.版は、腰の膨らみが大きい気がします。(海○堂より、はるかにマシですが・・・)
 定価は、Xウィングと同じく2400円(税抜)です。


 人型なので、メカと比較するとパーツは大きくて、数は少なめです。
 よくまとまっていると思いますが、パーツ数を考えると高価な感じもします。
 関節は、ポリキャップがメインになっています。
 自分のパチ組みは、後で接着や塗装をする事を考えて、ピンを短く折っています。
 面倒ですが、やらないと外れません。

プラモ・ベーダー2_convert_20150412224907

プラモ・ベーダー3_convert_20150412225008

 ライダーやタイバニなどで培った技術が生かされているのでしょうか?
 関節は極力目立たない様に配慮されています。
 マントを分割させて、可動にも対応しています。
 しかも、マントの成形が極限まで薄く抜かれています!!
 更に、飾り台も付いていて、左足を固定できる仕様です。
 関節は、ヒジとヒザは二重関節で、肩も引き出し可能になっているので、関節としてはよく動きます。


 そして、頭部や肩などのアーマー類は、成形上で艶有りとなっていて、表に傷が残らないアンダーゲートとなっています。
 反対に、その他の箇所は艶消し状態です。
 これは、『塗装するな!!』って事でしょうか?

プラモ・ベーダー1_convert_20150412224828

 頭部が大きく、実写のイメージっぽい形状ですね。
 下手に、アレンジを行なっていたら、購入していませんでした。
 しかし・・・この完成度をとなると、手を入れる事も躊躇します。
 なので、部分塗装でフィニッシュ!!としました。
 モデラーとしては全く面白くありませんが、組立て式のフィギュアを購入したと考えれば、最高のアイテムです。


 文句あるとすれば、イロプラなのにヘルメット内のアナキンの後頭部が黒だった事。
 更に、シールもデカールも付属していないのは・・・
 それに、組立説明書の塗装指示はもちろんの事、資料写真が無いのもいただけません。
 中途半端なイロプラ仕様と、資料性の欠如・・・Xウイングと同じです。
 これは、故意的な仕様と思われます。
 鮮明な写真が無いのか、著作権使用料に追加が発生するからなのか??



  <ひとり言>

 最近コンビニに寄ると、つい買ってしまうスイーツが・・・

 基本的にドラ焼きって好きなのです。
 カステラ生地に、小倉アンをサンドするなんて・・・
 考えた人は天才です!!
 これは、小倉アン尾の代わりに、生クリームとプリンをサンドしているのです。
 押さえられた生クリームの甘みと、プリンの甘みが絶妙な調和を奏で、カラメルの香ばしさを引き立てます。
プリンの生ドラ・パケ_convert_20150412225128

プリンの生ドラ・断面_convert_20150412225159

 少々高価ですが、お試しあれ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/04/15(水) 11:08:14|
  2. キットレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

キットレビュー 第13回


キットレビュー 第13回
バンダイ製 1/72スケールキット 
スターウォーズ エピソード4 より Xウイング・スターファイター


 今まで手を出さなかった?出せなかった?バンダイが、遂にスターウォーズ関係の発売に踏み切りました。
 最初を飾ったのは、3種類のプラモデルでした。
 価格は、2400円(税抜)という価格で、某メーカーより安い価格での販売です。
 バンダイと言う、販売網の広さによる流通量も多さも価格に反映されている事でしょう。
 しかし・・・しかしです!! 
 個人的に、バンダイと言うメーカーに対しては・・・
 可動を優先したおもちゃ的なキットが得意で、繊細なモールドがいまいちというイメージが定着しています。


 **カメラの模型コーナーに行くと、今まで見た事が無い黒い箱が置いてあったので、手に取ると・・・ダースベーダーでした。
 改めて、横のXウイングを取り眺めていたら、レジの前にワープしていました。


 取り合えず、パチ組みしてみました。
 良くも悪くもバンダイのプラモデルです。
 他メーカーより軟らかいプラ質に、接着剤不要のスナップ方式と、付属のシール。


 組立ては、3時間ほど掛かりました。
 それは、何れ接着して塗装する時もあるかも?の為に、スナップの嵌め合わせを緩めていたから、倍以上の時間が掛かりました。
 気になる箇所は・・・
 ・機首の1部に、多色成形を使った事により、少しの隙間が気になります。
 ・完全なイロプラじゃないのに、無理して多色成形を行っているので中途半端である。
 ・シールとデカールの内容が同じで、塗装派用にデカールを用意したのなら、不要な箇所が多すぎます。
  ただし、Xウイングと言えばハゲチョロなので、デカールで再現してくれていたら無駄にはならないのに・・・
 と、言ったところでしょうか?

Xウィング・コックピット横_convert_20141208222255

 良かった箇所は
 ・機首部については少し甘いと思えたモールドですが、他の箇所は『繊細』です。
 ・キャノピーは、クリアー版と枠のみの2種類付き。
 ・後部のパーツを外す事で、ドルイドの脱着が可能です。
  しかも、2体付きで1体はR5-D4にもなり、両腕?が別パーツで可動します。(基本形はR2-D2)
 ・ランディンギアも差し替えで再現可能です。  
 ・パイロットフィギュアも座りと立ちの2体付きで、ディティールが素晴らしい。

Xウィング・斜め_convert_20141208222614

Xウィング・正面_convert_20141208222710

Xウィング・コックピット_convert_20141208222418

Xウィング・後部_convert_20141208222521

Xウィング・付属_convert_20141208222826
 
 この出来なら、ストレートで組んで塗装すれば、格好の良いXウイングが手に入りますね。
 バンダイさんへの認識が変わりました。
 これは、本気ですね。
 個人的評価は、90点!!
 キットは素晴らしいのですが、デカールが気になった事。
 それに、塗装する人向けに、今回参考にしたプロップの写真を載せて欲しかった。

 
 ボトムズシリーズの様に、尻窄まりにならない事を祈って、お布施の意味を込めて買いましたが・・・
 今後のラインアップが予定で終わらない事を祈りましょう。

 そう言えば、スコタコの発売の時も、最初に発売された『メタルスペックバージョン』を購入していました(^_^;)
 そのあとも、ブルタコ・赤タコ・ファッティーと購入したのにな~~~
 中途半端でシリーズは終了しましたね。



  <ひとり言>

 ブロ友の、くろたけさんお勧めの、ゴッドハンド製『アルティメットニッパー』を使ってみました。
 夏のWFにお会いした時に頂いた物でしたが、今までゲートの処理など気にしないキットしか作っていなかったので、放置状態でした。
 パチ組み目的の、このキットで試してみようと!!

 使ってみると、最初に気付くのが音でしょうか。
 切れないニッパーで、ゲートを切ると、『パチン』と音がして飛んでいきます。
 しかし、アルティメットニッパーで切ると、『サクッ』って感じで下に落ちます。
 これが、ゲート処理をしても白濁化しない理由ですね。
 
 赤のパーツが数個あったので切り比べをして見ました。
 左がアルティメットニッパー、右が数年前に購入したタミヤの精密ニッパー(ゲートカット用)でカットした物です。

ニッパー切れ味比較_convert_20141208224413

 一目瞭然だと思います。
 片刃なので多少のコツが必要ですが、この切れ味は驚異です!!
 少々高価ですが、価格以上の効果を示してくれる筈です。
 お勧めです!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/09(火) 11:26:08|
  2. キットレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

キットレビュー 第11回


キットレビュー 第11回
バンダイ製 メカニックコレクション・シリーズ 
ゲッターロボ より NONスケール ゲッター1

 前回のマジンガーZに引き続き、ゲッター1です。
 マジンガーZと一緒に購入して、積んでありました。
 こちらも置き場に困って、一緒にパチ組みしてみました。

 その他に、グレートやOVA版にライディーンなどがありましたが・・・スルーしました。
 鋼鉄ジーグ、グロイザーXなどがラインアップされたら、購入したかも・・・


 1) パーツ構成
  ・Aランナー:多色成形のスチロール樹脂
  ・Bランナー:関節用のABS樹脂
  ・Cランナー:上腕・下腿・大腿などの白色のスチロール樹脂
  ・Dランナー:前腕用の赤色のスチロール樹脂
  ・Eランナー:手・足底用の赤色ゴムパーツ
  ・Fランナー:胸・肩の赤色ゴムパーツ
  ・Gランナー:パンツ用の黄色ゴムパーツ

  ・その他:シールとビス
MCゲッター1・組説

 分厚い胸パーツまで、ゴムパーツにする必要があったのか・・・疑問です。
 赤という色になると、材質の違いでかなり異なった印象を受けます。


 ① 組立て易さ
 マジンガーZと同じ様に、引き抜き型の成形機を使っているようで、腕や脚などのパーツが一体で成形されています。
 パーツ数は、異常なまでに少ないです。

 マジンガーZ同様に、関節は全て・・・悪名高きABS樹脂です。
 これを、腕や脚に組み込む(押し込む)時が一番怖い!!


 ② 材質
 こちらも、胸・肩・パンツ部・足底は、ゴム製のパーツです。
 関節は全てABS製で、キッチキチで動かすのが怖い。
 マジンガーZの時に寄せられたコメントでも、『破損した~~』って方が多かったので、気を付けましょう。

  
 2)組立後
 こちらもプロポーションは良いのですが、顔の造型が好みではありませんね。
 どこが変なのか追及していませんが、感覚的に・・・

MCゲッター1

 TV版の板状ゲッターウイングは取り外し可能です。
 ゲッタートマホークと専用の手が左右1セット付属しています。

MCゲッター1・トマホーク

 ゲッタービームは開かないし、付属パーツもありません。
MCゲッター1・パンツ

 ゴム製のパンツの役割?は、こんな程度です。

 
 3) 総合評価  
 マジンガーZと比べて、勝る箇所が見当たりません・・・
 しかし、極端に悪くもありません・・・つまらない、組立て式のおもちゃです。
 造型的には、超合金魂の方が上の様な気がします。

 個人的な評価は、100点満点中・・・30点です。



  <ひとり言>

 ゲッターロボに関してはTV版より、石川賢氏の原作漫画の方が好きです。
 何と言っても、TV版とは全く異なる、ストーリー展開が面白い!!

 破天荒過ぎるパイロット
 あれだけ乗り手を選ぶマシーンなら、量産しても動かせませんから・・・
 1機しか存在しないのは納得できます!!

 そして、その後のシリーズの軸となるゲッター線の設定
 原作版ゲッターロボ號の最後に登場する、真ゲッターロボを描いた事によって広がった、ゲッターロボサーガ。
 残念な事に、石川賢氏が亡くなってしまい、完結する事も無いでしょう。
 後半は、ゲッターエンペラーやゲッタードラゴンの繭など、難解と言うか・・・

 原作版は、中学生時代にハマって何度も読み返しました。
 その結果・・・ゲッター1の顔は原作版のイメージが染み込んでいるので、TV版の顔に違和感があるのかもしれませんね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/10(木) 11:47:13|
  2. キットレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

キットレビュー 第10回 マジンガーZ


キットレビュー 第10回
バンダイ製 メカニックコレクション・シリーズ 
マジンガーZ より NONスケール マジンガーZ


 超合金魂で、好調な売上げを博したマジンガーZの、2匹目のドジョウを狙って?
 プラモ版を作りました・・・的な印象です。
 発売は2001年6月で、価格は1,500円でした。
 自分は、かなり後になって中古で購入(またかよ!!)して、積んでありました。
 でも、数ヶ月前に置き場に困って、パチ組みしました。


 1) パーツ構成
  ・Aランナー:多色成形のスチロール樹脂
  ・Bランナー:関節用のABS樹脂
  ・Cランナー:前腕・下腿などの青色のスチロール樹脂
  ・Dランナー:腹部・上腕・大腿などの白色のスチロール樹脂
  ・Eランナー:手・足底用の青色ゴムパーツ
  ・Fランナー:胸・肩・パンツ用の黒色ゴムパーツ
  ・その他:シールとビスとスプリング

MCマジンガーZ・組説


  ① 組立て易さ
  スライド式の成形機を使っている様で、腕や脚などのパーツが一体成形品となっています。
  その結果、パーツ数は少なくなっているので、組立てはかなり楽です。

  また、プラスチックの嵌め合いで強度不足?と思える箇所は、ビスを使用して固定します。
  なので、組立てにはドライバーが必要となる、ちょっと面倒な仕様です。


  ② 材質
  胸・肩・パンツ部・足底・手は、ゴム製のパーツになっています。
  もちろん、プラ用のカラーでは塗装不可能です。
  なぜ、こんな仕様なのでしょうか?
  特に、プラパーツの足に、わざわざゴム製の足底パーツを取り付ける・・・意味が判りません。

 
 2)組立後
 パーツ数少・ビスで固定・ゴム製パーツなどにより、プラモを作っているっていう感覚はありません!!
 プロポーション的には、マッシブな感じで好みですね。
 背部の穴は、ジェットスクランダー用なので、仕方が無い・・・でしょうね。
 
MCマジンガーZ

 ジェットスクランダーの翼形状を固定しているので、違和感も無く良いですね。
 普通のポーズなら、問題無く構える事が出来ます。
MCマジンガーZ・スクランダー

 
 付属のホバーパイルダーは脱着が可能で、ホバー部分を折りたたむ事が可能です。
MCマジンガーZ・パイルダー

 おまけに、ロケットパンチ用のパーツも付属しています。
 しかし、だれがこんな物で遊ぶのか?ちょっと考えて入れて欲しいですね。
 こんなの物より、ジェットパイルダーでも付属してくれたらよかったのに・・・と思います。



 3) 総合評価  
  ①シールが完備されているので塗装は不要
  ②透明パーツでパールダーのキャノピーを再現
  ③可動範囲も十分
  ④プロポーションについても申し分無し
 製品としては合格点では無いでしょうか?

 しかし、組立てる箇所の少なさ、塗装出来無いパーツなど、プラモデルに分類するのは?なキットです。
 ゴムパーツにしたからと言って、格段に可動範囲が増えた方言ったら・・・答えはNO!!
 パンツ部以外は、ほとんど意味を成していないと思います。
 プラ製パーツで十分だと思います。

 なんて悪口を書いていたら、罰が当たったのか・・
 
MCマジンガーZ・破損

 胸のゴム製パーツに、下部分から割れが発生していました。
 組み立てた時には無かったと思うのですが・・・
 ゴムの劣化は早いですから、こんな事もあるのでしょうね~~

 飛躍的に可動範囲が増えないのに、ゴム製パーツを使用してコストアップを行い、しかも劣化・・・
 お粗末な製品です。
 プラモデルとして考えた場合の、個人的な評価は100点満点中・・・20点です。



  <ひとり言>

 このキットは、誰がどんな目的で購入する事を考えたのでしょうか?
 スーパーロボット系が好きな人なら、間違い無く『超合金魂』を購入しているでしょう。
 プラモが好きな人なら、ゴム製のパーツに、ムクの手足に嫌悪感を抱く事でしょう・・・
 なら、誰が買うのでしょうか・・・
  ① 普通のプラモだと思って購入 (自分はこれです)
  ② 超合金魂を持っていないので代用として購入
  ③ マジンガーのマニアが購入
 購買層が非常に限られますね~~
 
 HGUCを更に、おもちゃっぽくしたキットでした。  
 全部、スチロール樹脂なら改造も出来たのに・・・残念ですね。

 改造を楽しむなら・・・あの、ベスメカしか無いのでしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/06(日) 15:51:27|
  2. キットレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

1/35スケールMGダンバインレビュー


キットレビュー 第9回
バンダイ製 MGシリーズ 
聖戦士ダンバイン より 1/35スケール オーラバトラー・ダンバイン


 21世紀ダンバインプラモのラストレビューです。
 先行して発売された、HGABは酷いシリーズでした・・・
 HGABダンバインと、ほぼ同時期の2000年8月に、MGの名を付けた1/35スケールのダンバインが3,500円(税抜)で発売されました。

 高価だったのと、HGABに裏切られまくった事・・・そして1/48ではなくて1/35であった事から購入しませんでした。
 先日、中古ショップにて1,500円で販売していたので、大した期待もせずに購入しましたが・・・


 ① キットコンセプト
 ガンダムのMGシリーズ同様に、内部構造を再現しています。
 ただし、オーラバトラーと言う素材から、生物感溢れたパーツで構成されています。
 脳やら筋肉などです・・・


 ② パーツ構成
 さすがMGです。
 旧キットが大好きなおじさんには、このパーツの多さは、ただ面倒臭い・・・
 ランナーが A~Mまであって、パーツを探すのが面倒で、切出してゲートカットするのも面倒です。
MGダンバインパーツリスト

 A1ランナー:多色成形のスチロール樹脂
 A2ランナー:爪先の乳白色で成形されたABS樹脂
 Bランナー :ブルーが成形色のスチロール樹脂
 Cランナー :本体色のバイオレットが成形色のスチロール樹脂
 Dランナー :本体色のバイオレットが成形色のスチロール樹脂
 Eランナー :グリーンが成形色のABS樹脂
 Fランナー :筋肉などに使用するピンク色が成形色の合成ゴム
 Gランナー :関節・肩のパイプなどに使用する黒が成形色の合成ゴム
 Hランナー :成形色のスチロール樹脂
 Iランナー :バイオレットが成形色のABS樹脂
 Jランナー :羽用の軟質スチロール樹脂
 Kランナー :手やフィギュア用のグリーンが成形色のスチロール樹脂
 Lランナー :胸のコックピット用の透明グリーンのスチロール樹脂
 Mランナー :極少量使うポリキャップ

 その他に、シールやビスにナットが付属しています。


 ③ 組立てた感想
 面倒な組立てを3時間くらい我慢すれば、普通に組み上がります。
 自分の場合、直ぐにバラせる様にピンを短くニッパーで切っているので、実際はもっと早くなるでしょう。
 特に難解な、組み立て作業はありませんでしたが、ビスを使う為に+ドライバーが必要なのが面倒です。

 個人的な感想として、素直に『カッコイイ』!!
 設定画とは異なり、生物的な表現が多用されていますが、紛れも無く『ダンバイン』です。
 HGABシリーズでは、微塵も感じられなかったですね~~

MGダンバイン正面

MGダンバイ斜前

 オーラソードも鞘から抜差し可能で、オーラショットも2丁付属して、コックピットも開閉可能です。
 この辺りは、旧1/48でも再現されていましたね。
 特筆すべきは、外装の複雑な曲面(特に太腿)と、くすんだクリアー感のある爪の表現です!!
 これぞ、生物表現をしたダンバインと言う感じがします。

 先日、アニメ風の決定版と言う感じの『ROBOT魂』が発売されました。
 これも良かった~~

 話しは戻って、コックピットハッチをオープン!!

MGダンバイコックピット
 ・・・あれ??
 コックピット内があっさりしていて、なんかしょぼいですね~~


 ④ 気になる箇所
  ・組立てたら見る事も無い、内部構造のパーツに対しても金を払っている事を考えると・・・
   ⇒旧キット仕様にして、安くして欲しい
  ・関節部だけでは無く、表面のピンク色のパーツがゴム製である
   ⇒改造・塗装が出来ないのは嫌がらせ?
  ・1/35スケールなのに、付属フィギュアがしょぼい
   ⇒バンダイの製品は、おまけ?フィギュアが下手ですね
  ・脚が少々長過ぎで、バランスが悪い
   ⇒立て膝ポーズが、格好悪い
  ・羽が少々長過ぎ
   ⇒立て膝ポーズを行なうと、羽が邪魔をする


 ⑤ 総合評価
 これは素晴らしい出来です。
 正にマスターグレードと呼ぶに相応しいキットです。
 当時買わなかった奴が、今更言える事ではありませんが、他のオーラバトラーも見てみたかったですね。
 総合評価は、85点 と言ったところでしょうか?

 旧キットの1/24ダンバインも好きなキットでしたが、これを見せられると霞んでしまいますね。
 ただ、ゴムパーツや内部パーツが邪魔をするので、好みの形状に改造するには向かないキットです。
 なので、改造派の方にはお奨めできません。



  <ひとり言>

 1/35と言う選択は、非常に良かったと思います。
 皆さんご存知の、タミヤが始めたMMの世界基準となったスケールです。
 兵士や装備はもちろんの事、テント・工具・家畜など様々な小物までキット化されています。
 流用したりすれば、ディオラマの世界も広がるのでは?と思ったのですが・・・

 バンダイの1/35と言えば、ガンダムのUCハードグラフシリーズですね。
 不人気だったのか?それとも、今のガンプラ世代には響かなかったのでしょうか?

 自分は、ザクの頭部が付属していた『ランバ・ラル独立遊撃隊セット』に心が躍りました。
 グフに改造してやる!!と思って2個買いしたのですが、いまだ積みプラです・・・
 それに、『地球連邦軍 多目的軽戦闘機 FF -X7 コア・ファイター』も良かった!!
 イロプラにしたお陰で、高くなったのは不愉快でしたが、技術力の高さは認めざるを得ませんでしたね。
 次は、何を出してくれるのか?


 話しはガンダムに脱線しましたが、中古ショップでドラゴン製の1/35のフィギュア付き軍馬が、200円で売っていたので購入しました。
 中途半端な形状ですが、こんな遊びをしてみました。

ダンバイン・ユニコーン

 番組にも登場したユニコーンです。
1/35ダンバイン&ユニコーン

 ダンバインのキットに付属していた、ショウ・ザマ君に登場してもらって、一緒に記念撮影です。
 もう少し?頑張れば、ジオラマ的な事も出来そうです。
 ファンタジーの世界ってのも、楽しそうだし・・・
 でも、作っている時間は無いけどね~~



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/03(土) 10:09:57|
  2. キットレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

イリコ・キューピー

Author:イリコ・キューピー
ガンダム・ダグラム・ザブングル・ボトムズ・ダンバイン・ドラグナーなどサンライズのリアルロボット系のプラモデルを中心に作っています。
作るプラモは、もちろん!旧キットです。

目的は、設定画のフォルムを再現する事です。
その為には、そこそこの改造が必要ですが、HGUCなどは一切使用しません。
可動よりフォルム優先で、作っています。

制作速度は遅いのに、変なこだわりを持って作っているので完成品がまだ少ないのですが、みなさんに見て頂く事で途中放置しないで続けて行ければと思っています。

息抜きに、旧キットの紹介・古いガチャや食玩・最近の買い物なども紹介します。

ご意見・ご感想などは、コメントからいただけたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

機動戦士ガンダム 旧キット (190)
(完)ズゴック ベストメカNO.10 (17)
(完)ジム ベストメカNO.17 (18)
(完)ゴッグ ベストメカNO.19 (29)
(完)アッガイ小田版 ベストメカNO.22 (10)
(完)アッガイ設定版 ベストメカNO.22 (26)
(完)ボール ベストメカNO.26 (10)
(完)エルメス ベストメカNO.30 (29)
(完)ゾック 1/144 (22)
量産型ゲルググ 1/144 (6)
(完)番外編 機動鋼人ガンボイ (23)
伝説巨神イデオン (24)
ロッグ・マック 1/600 (3)
(完)ズロオ・ジック 1/600 (11)
(完)ギル&デッカ・バウ 1/600 (10)
ゴンド・バウ 1/600 スクラッチ (0)
戦闘メカ ザブングル (61)
(完)トラッド11タイプ1/144 NO.7 (13)
(完)アイアン・ギアーLS 1/1000 (33)
(完)ドラン・ブラッカリィ・バッファロー1/1000 (14)
ザブングル1/144自作 (1)
超合金魂 (0)
聖戦士ダンバイン 旧キット (7)
ショウ・ザマ用ダンバイン 1/72 (7)
太陽の牙ダグラム SAKシリーズ (85)
(完)NO.2 ソルティック 1/72 (26)
(完)NO.7 インステッド 1/72 (7)
NO.12 ヤクト・ダグラム 1/72 『YOUつく』参加品 (36)
NO.22 2連装対空砲ザック 1/72 (3)
NO.25 ハンググライダー装着タイプ 1/72 (3)
陸上行動強化型ザック 1/72 (4)
水中行動強化型ザック 1/72 (2)
ダグラム・武装強化タイプ 1/72 (4)
MF製ネイティブダンサー1/72 (0)
装甲騎兵ボトムズ (6)
イグザートキャトル1/60自作 (3)
マスカレイドコング1/60自作 (0)
(完)ブロッカー1/60自作 (1)
(完)クレバーキャメル1/60自作 (1)
(完)ダイビングビートル1/60自作 (1)
銀河漂流バイファム (4)
NO.4 ディルファム 1/144 (4)
超力ロボ ガラット (12)
通学ロボ パティーグ (12)
超時空要塞マクロス (2)
トマホーク1/72・WAVE製 (2)
超時空騎団サザンクロス (19)
(完)ジャンヌ少尉 1/12 (19)
テクノポリス21C (65)
(完)ブレーダー 1/16 (15)
(完)ビゴラス 1/16 (23)
(完)スキャニー 1/16 (21)
(完)テクドッグ・トム 1/16 (6)
スーパーロボット系 (51)
(完)ライディーン ベスメカNO.31 (12)
(完)ドローメ スクラッチ (5)
(完)化石獣バストドン スクラッチ (6)
(完)ダイターン3 アニスケNO.1 (15)
(完)ゴールドライタン ベスメカNO.23 (13)
80年代アニメ・旧キット (11)
(完)ロボノイド 未来少年コナン (11)
90年代アニメ・キット (4)
テッカマンブレード1/16 (4)
東映特撮 (8)
イナズマン 1/24 ライジンゴー (3)
イナズマンF デスパー怪人 (1)
イナズマン イツツバンバラ (2)
超人バロム・1 オコゼルゲ (1)
超人バロム・1 ウデゲルゲ (1)
円谷特撮 (19)
(完)ゴモラ The特撮コレクション (11)
(完)スペル星人 HGサイズ (8)
ウルトラ怪獣消しゴム 補完計画 (17)
(完)1作目 スペル星人 (4)
(完)2作目 シルバーブルーメ (4)
(完)3作目 ブラックドーム (4)
(完)4作目ガヴァドンA (3)
5作目ゼットン星人 (2)
スケールキット (3)
ソビエト自走砲 SU-122 1/48 (2)
陸上自衛隊 10式戦車 1/35 (1)
模型用道具&材料 (6)
旧キットプラモ紹介 (52)
プラモ ミニカタログ (39)
キットレビュー (13)
駄物玩具(チープトイ) (56)
お奨めの書籍と映像 (3)
ジオン栄光の物品 (3)
各種リスト関係 (18)
ガンダムカラーリスト (4)
プラモ関係リスト (3)
ロボットアニメ年代リスト (3)
ウルトラ怪獣消しゴム (7)
旧キット再販 (4)
バンダイ HG・UC/FC (14)
モビルワーカー01式 漫画版 (4)
(完)旧ザク改造・作業用ザク (1)
(完)プチッガイ (4)
比較キットレビュー (4)
黒歴史 (1)
おもちゃ (44)
ゲーム関係 (1)
モンスターハンター関係 (6)
買い物 (86)
イベント (39)
自転車 (2)
ブログ関係 (33)
節目の挨拶 (15)
ブロ友さん (18)
その他 (5)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

AquariumClock 2

Amazon商品一覧【新着順】

Amazonでのおすすめ商品です。

S.H.モンスターアーツ スペースゴジラ
S.H.モンスターアーツ スペースゴジラ

S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ (初回特典付き)
S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ (初回特典付き)

S.H.モンスターアーツ ゴジラ (1995) 初回限定特典「東宝特撮メカ2種」付き
S.H.モンスターアーツ ゴジラ (1995) 初回限定特典「東宝特撮メカ2種」付き

ダイナマイトアクションNO.14 宇宙魔神ダイケンゴー ダイケンゴー
ダイナマイトアクションNO.14 宇宙魔神ダイケンゴー ダイケンゴー

超合金魂 無敵ロボ トライダーG7
超合金魂 無敵ロボ トライダーG7

戦車模型超級技術指南「塗装編」 (Master Piece collection)
戦車模型超級技術指南「塗装編」 (Master Piece collection)

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR