新旧プラモつくっちゃうぞ!おもちゃもね・・・プラモデル製作日記です!

ガンプラや80年代のリアルロボ(ダグラム・ザブングル・ボトムズ等)の旧キット(モナカ)の改造・製作記事です。古いキット・ガチャ・食玩・なども紹介します。

80年代前期ロボットアニメ年代リスト


ロボットアニメ番組放送リスト その2 
1980年代前期 リアルロボット系アニメへの変革



 今回は、機動戦士ガンダムの放送が続いている、1980~84年のリストです。

 この時期は、ガンプラブームでロボットアニメが乱立します。
 しかし、一人の博士が作り上げたロボットを、熱血漢の主人公が乗るパターンは徐々に姿を消します。
 反対に、ロボットの存在理由とストーリー性が重視される事になります。
 
 スーパーロボットからリアルロボットへの変革です。
 それは徐々に、伝説巨神イデオン・太陽の牙ダグラム・戦闘メカ ザブングル・・・と形を変えて徐々に浸透していきます。

80年代ロボットアニメリスト上期

 1980年初期は、まだスーパーロボットが大手を振っています。
 パターンを破ろうと、色々と試行錯誤を行ってストーリーにアレンジを加えますが、結局はおもちゃを売るための番組です。
 子供に解り易い、勧善懲悪な話しになってしまうのは仕方のない事です。
 少子化による、おもちゃの売上低迷によって、陰りが見えてきます。

 それとは対照的に、ガンダムは放送の終了に近づくにつれて、人気が盛り上がります。
 そして、『伝説巨神イデオン』で、一部のコアなファンを完全に魅了しました。
 ロボットアニメでありながら、子供に媚びないストーリー!
 これぞ!富野マジックです。
 続く、戦闘メカ ザブングル・聖戦士ダンバイン・重戦機エルガイム・機動戦士Zガンダムと次々にヒットを飛ばしました。
 しかし、ダンバインの途中で、メインスポンサーはクローバーからバンダイに変わります。
 なぜなら・・・おもちゃが売れない事により、倒産に至ります。
 主力商品もおもちゃから、プラモデルに変わります。


 ポストガンダムを狙うべく、サンライズ内でも新たな番組を立ち上げます。
 リアルロボットアニメなのに、メカが苦手と言う高橋良輔 監督を起用して、おもちゃメーカーのタカラ(現:タカラトミー)と組んだ『太陽の牙ダグラム』と『装甲騎兵ボトムズ』です。
 ミリタリー色を強く出したダグラムは、運用・輸送方法等が細やかに描かれます。
 監督曰く、「ジープをイメージした」ボトムズのATは、乗り捨て・再生など今までに無かった運用方法で視聴者を唖然とさせました。ローラーダッシュ・アームパンチも斬新でした

 
 そして、変形をブームにさせた『超時空要塞マクロス』の奇抜なストーリーと、主役メカ バルキリーの説得力有るデザインで、スタジオぬえと河森正治の名前は一気にメジャー入りになります。

 なんと、タイムボカーンシリーズもついに、人型ロボットの登場となります。
 ヤットデタマンの大巨神は、毎度のパターン「大激怒」でお仕置き。
 イッパツマンでは、シリーズ初の敗北で逆転王から三冠王への交代も行われました。


 放送前に全話が完成していた異例の作品、『巨神ゴーグ』もありました。
 安彦良和氏が、原作・監督・キャラデザイン・メインメカデザイン・作画監督を行っています。
 作画・ストーリー共に安定していて、大長編映画を見ている感じでした。


 『銀河漂流バイファム』は、ガンダムの企画時に「十五少年漂流記」を元に作ったものを、原案として製作されました。
 ほとんど、子供達だけで話しが進みます・・・リアリティの欠片もありません。
 ほのぼのとした生活感溢れる話しや、そこそこの戦闘シーンもあって、肩肘を張らずに見れる作品です。
 唯一、女性にも勧められる、ロボットアニメなのではないでしょうか?
 メカファンにも、ちょいちょいサービスがあった事は見逃せません。
 ・宇宙空間用の増設タンクの登場
 ・トゥランファムの迷彩塗装タイプの登場
 ・後半に投入された『大気圏内飛行用オプション スリングパニアー』の登場
 スリングパニアーは、その後『機甲戦記ドラグナー』でも飛行ユニットとしてアレンジされました。
 絶対に飛ばない!と思うのですが、映像を見ると納得してしまう・・・
 さすが、大河原先生のデザインです。

 
 単発でも、色々な番組が製作されました。
 『モスピーダ』『ドルバック』『ガリアン』『ガラット』等・・・
 ほとんどが、プラモになって発売された事は、正に快挙でしょう。

 
 アニメメカ・モデラーにとっては、夢の時期でした・・・
 ピーク年の1984年には、19作品もありました。
 しかし、良い夢と言う物は早く覚めてしまうものです。


 次回は、1980年代後期
 『ロボットアニメ 夢の終焉』


 <ひとり言>

 1970年代のスーパーロボットのイントロでは、『**研究所で**星人の来襲に備えて巨大ロボット作ってあった』なんて事が当たり前でした。
 普通に考えると、正気の沙汰では無いですよね。
 この裏設定でも考えてみましょう。

 この研究所は財団法人なのでしょうか?
 「**星人の来襲」なんて言っても、国から認可が下りる訳は無いので、財団法人とは認められないでしょう。
 すると、運営資金はどうしたのでしょうか?
 凄い特許や大企業の経営などで、巨万の財源があったとしたら・・・
 その資金を元に研究所を設立して、巨大ロボットの設計・製造を行い、異星人の襲来を待つなんて・・・
 凄い道楽ですね。
 どうやら、ただの「き○がい博士」では無いようです。

 更に、そのロボットの個々の技術に対して全て特許を出願していたら・・・
 何百・・・いや!何千の特許が発生したに違いありません。
 スーパーロボットが、1台しか存在しない理由は、巨額な特許技術が絡んでいたからだったなんて!!
 
 ここで異星人が攻めてきたら、しめたものです
 敵を倒す代わりに、税金の免除・補助金などの要求をする事でしょう。
 更に、敵を倒す事で技術力の高さを証明する事になります。
 そう!スーパーロボットは、「戦う広告塔」だったのです。

 パイロットは、熱血の単細胞野郎です。
 きっと、安い給料で騙して、コキ使っていたのでしょう・・・

 ビル・ゲイツなんて、目じゃない大金持ちになった博士は、そろそろ幕を引く事にします。
 前から見つけていたのに、『敵の本拠地を発見した!』と、ワザとらしく言い放ちます。
 以前から練っていた計画を、たった今思いついた様に言う事で、更に信頼を得る事に成功します。
 盛り上がる単細胞のパイロットは、敵の本拠地を壊滅させます。
 その後は、引退して悠々自適な暮らしをした事でしょう。

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/15(日) 02:18:57|
  2. ロボットアニメ年代リスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ソルティックの腕 その3 | ホーム | 旧キット紹介 エジプトのスフィンクス>>

コメント

80年代お疲れさまでした

こうやってみてみると、70年代に負けず劣らずですね。
でも私は、土曜日5時のサンライズ枠しか見ていませんでした。他は、ゴーグとバイファムくらいでしょうか。

クローバーはほんとアホでしたよね。
ユーザーのニーズを汲み取れなかったという・・・
私も子供ながらなんで白のはずが銀ピカで変なシールがベタベタでTVで出てこない武器とかミサイルとか付いているんだろうか?そんなことよりもっと格好良くしろと思っていました。こどものおもちゃなんだから、原色でミサイルやパンチが飛べばいいんだろうとタカくくっていたんでしょうね。80年代に入っても。

>リアリティの欠片もありません。
え~ほのぼの系というのは認めますが、
リアリティはあったと思いますよ。
というか、科学考証がここまでしっかりしていたSFアニメは、トップをねらえの次ぐらいじゃないかと思っています。宇宙船が慣性飛行で飛ぶなんていう演出は他のアニメでは見られないですし(私が知らないだけ?)、ロボットはラウンドバーニアンだけに、バーニアふかしまくりで姿勢制御してます。
モビルスーツはアポジモーターなんかで姿勢制御してるし、シャアザクはコロニーの外側に立っているし(あれ?これはアニメじゃなくてオリジンかな)
最近いけてるユニコーンだって、コロニー内の戦闘でコリオリの力を全く考慮に入れていない。
ガンダムでは唯一、ポケットの中の戦争の戦闘がハイゴックとジムⅡ?やケンプファーとガンダム、ガンダムとバーニーザク・・・
あれ?なんか話がずれてきたv-393
まぁ結局私はバイファムが好きなんだと言いたいだけなんです。
余談ですが、先日話題に出ていたダイアポロン。
YOUTUBEでOPを見たら、キャラデザインが芦田さんでした。で、原作はなんと雁屋哲!でした。

ゴーグは面白いと思って全部ビデオに録画していたのに、あまり人気がなかったですね。LDもDVDもほとんど幻のような扱いだし。

ガンダムエースの来月号にビッグニュースが載るらしいですね。
それが何かはわかりませんが、私はオリジンのTVシリーズ化であったならいいなぁと妄想しております。v-398
  1. 2011/05/15(日) 04:25:40 |
  2. URL |
  3. カメイ #-
  4. [ 編集 ]

クローバーは

確かにおっしゃる通りですね。
時代を読めなかったメーカーでしたね。
余談ですが、クローバーのおもちゃの設計は、タカラ(現:タカラトミー)の子会社が行っていたらしいですね。

バイファムのリアリティーが無いと言ったのは、メカ描写ではありません。
いくらククトニアンのコンピューターを乱す石を持っていたからと言って、たかが子供15人で戦い抜くと言った設定です。
同じジェイナス号に乗っていた、大人が全滅したのに子供だけ生き残るってのが・・・
大人が混じっていたら、別の話しになっていただろうけど。
自分もバイファムは好きです。
DVDコンプリートBOXも持っていました。
そうそう、バイファム13版のRVって、微妙にデザインを変えているんですよね?

停止する時にも噴射を行うと、加速時と同じ量の推進剤を使用する事になるので、手足を振って補助するって描写は見た事が無いですよね。
それに、RVもそうですがMSも、下方に移動する為のバーニアって装備されていませんよね?
真下に移動する事ってないのでしょうか?

ゴーグって出荷数が少ないのか、DVD-BOXはプレミアが付いていて高いんですよね~
自分も、VHSで録画した物をDVDにコピーしたものしかありませんv-406

オリジンのアニメ版は、セイラ・ブライト・マクベの声優さんが亡くなっているので、ちょっとキツイ様な・・・
それに、ガンダムのパラレルワールド化への促進にもつながるし。
アニメ化なら、ミッシングリングを埋める『C.D.A』の方が面白いかも?
  1. 2011/05/15(日) 13:01:11 |
  2. URL |
  3. イリコ・キューピー #-
  4. [ 編集 ]

え~と…(;^_^A

独り事の方に反応しちゃったんだけど…

マジンガーの原作では、マジンガーや甲児の生活費(次々に買い替えるバイク代も)は、兜博士の莫大な特許料だと描いてましたね。
で、甲児にマジンガーを作ってやったのも、実験事故で両親を死なせてしまった罪ほろぼしとして、神でも悪魔でも甲児の望みのままに果たせる『力』として作ったと…。

正義の為なんかじゃないのがリアルであり、兜博士は正に孫バカのキチ○イ博士(風貌もそれ風)でしたね。
80年代(特に前半)のアニメは、個人的な好みは多少あるけれど、勢いとか熱気が感じられるから皆好きだよ~(^^)v
  1. 2011/05/15(日) 14:26:25 |
  2. URL |
  3. シャドウ #-
  4. [ 編集 ]

そうでしたっけ?

特許料なんて、難しい話しをしていましたっけ?
引退した時の、大金を設備とマジンガーの製作に費やした事は覚えています。

でも、一人で製造するのは無理がありますよね。
外装・骨組み材料の精錬から、鋳造?圧延?は、大設備が必要です。
更に、制御用CPUも組み込まれているはずなので、ソフトの開発まで・・・
兜十蔵博士・・・恐るべし!!

ま~そんな理屈を考えて、見てはいけませんね。
シャドウさんの言うように、勢いとか熱気を感じて見た方が楽しいですね。
  1. 2011/05/15(日) 21:13:38 |
  2. URL |
  3. イリコ・キューピー #-
  4. [ 編集 ]

私の早とちりでした

>同じジェイナス号に乗っていた、大人が全滅したのに>子供だけ生き残るってのが・・・
たしかにそうですよね。

Zガンダムは、サイコガンダムが出てきたところでなんで「こんなでかいガンダム出てきてアホくさ」と思い見るのをやめました。
0083もLDを買いましたが、1話目で鈍重なガンダムを単身で盗み出すのを見て、それ以降買うのをやめました。もちろん、SEEDは大嫌いです。

なんですが、バイファイムは大好きなんです。
なんか矛盾していますね。

オリジンは、安彦さん自身がどっかの対談でここまで来たらアニメ化したいといっていました。
オリジンじゃなくてもいいのですがもう一度、安彦さんが作監をやるガンダムがみタイと思っています。
  1. 2011/05/15(日) 21:31:20 |
  2. URL |
  3. カメイ #-
  4. [ 編集 ]

Zガンダムは

無意味な変形が大嫌いでした。
サイコ・ガンダムの変形の無意味さ、宇宙空間で変形しまくるMSたち・・・
空気抵抗などの干渉も無いのに意味無し!と思ってました。
こじ付け設定で、推進力の集中を行うなんて事が、何かに書いてありましたが、複雑な機構にする理由にはなりませんね。
結局は、バルキリーの変形が当たったので、真似しただけですから・・・

0083は、Z時代より強力なMSが出てくるのには閉口しました。
最後に、計画の凍結と言って締めくくりましたが・・・酷い作品でしたね。

自分も、バイファムは大好きです。
いえいえ、矛盾していません。
上記の作品とは、完全に一線を引いている作品です。

確かに、安彦氏のキャラデザイン・作監したアニメを見たいです。
でも、もう絶対にやらないって言ってましたね・・・v-406
  1. 2011/05/15(日) 23:32:55 |
  2. URL |
  3. イリコ・キューピー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pramotoy.blog130.fc2.com/tb.php/203-c1294e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

イリコ・キューピー

Author:イリコ・キューピー
ガンダム・ダグラム・ザブングル・ボトムズ・ダンバイン・ドラグナーなどサンライズのリアルロボット系のプラモデルを中心に作っています。
作るプラモは、もちろん!旧キットです。

目的は、設定画のフォルムを再現する事です。
その為には、そこそこの改造が必要ですが、HGUCなどは一切使用しません。
可動よりフォルム優先で、作っています。

制作速度は遅いのに、変なこだわりを持って作っているので完成品がまだ少ないのですが、みなさんに見て頂く事で途中放置しないで続けて行ければと思っています。

息抜きに、旧キットの紹介・古いガチャや食玩・最近の買い物なども紹介します。

ご意見・ご感想などは、コメントからいただけたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

機動戦士ガンダム 旧キット (190)
(完)ズゴック ベストメカNO.10 (17)
(完)ジム ベストメカNO.17 (18)
(完)ゴッグ ベストメカNO.19 (29)
(完)アッガイ小田版 ベストメカNO.22 (10)
(完)アッガイ設定版 ベストメカNO.22 (26)
(完)ボール ベストメカNO.26 (10)
(完)エルメス ベストメカNO.30 (29)
(完)ゾック 1/144 (22)
量産型ゲルググ 1/144 (6)
(完)番外編 機動鋼人ガンボイ (23)
伝説巨神イデオン (24)
ロッグ・マック 1/600 (3)
(完)ズロオ・ジック 1/600 (11)
(完)ギル&デッカ・バウ 1/600 (10)
ゴンド・バウ 1/600 スクラッチ (0)
戦闘メカ ザブングル (61)
(完)トラッド11タイプ1/144 NO.7 (13)
(完)アイアン・ギアーLS 1/1000 (33)
(完)ドラン・ブラッカリィ・バッファロー1/1000 (14)
ザブングル1/144自作 (1)
超合金魂 (0)
聖戦士ダンバイン 旧キット (7)
ショウ・ザマ用ダンバイン 1/72 (7)
太陽の牙ダグラム SAKシリーズ (85)
(完)NO.2 ソルティック 1/72 (26)
(完)NO.7 インステッド 1/72 (7)
NO.12 ヤクト・ダグラム 1/72 『YOUつく』参加品 (36)
NO.22 2連装対空砲ザック 1/72 (3)
NO.25 ハンググライダー装着タイプ 1/72 (3)
陸上行動強化型ザック 1/72 (4)
水中行動強化型ザック 1/72 (2)
ダグラム・武装強化タイプ 1/72 (4)
MF製ネイティブダンサー1/72 (0)
装甲騎兵ボトムズ (6)
イグザートキャトル1/60自作 (3)
マスカレイドコング1/60自作 (0)
(完)ブロッカー1/60自作 (1)
(完)クレバーキャメル1/60自作 (1)
(完)ダイビングビートル1/60自作 (1)
銀河漂流バイファム (18)
NO.4 ディルファム 1/144 (18)
超力ロボ ガラット (12)
通学ロボ パティーグ (12)
超時空要塞マクロス (2)
トマホーク1/72・WAVE製 (2)
超時空騎団サザンクロス (19)
(完)ジャンヌ少尉 1/12 (19)
テクノポリス21C (65)
(完)ブレーダー 1/16 (15)
(完)ビゴラス 1/16 (23)
(完)スキャニー 1/16 (21)
(完)テクドッグ・トム 1/16 (6)
タイムボカンシリーズ (4)
大巨神(ヤットデタマン) 1/230 (4)
スーパーロボット系 (51)
(完)ライディーン ベスメカNO.31 (12)
(完)ドローメ スクラッチ (5)
(完)化石獣バストドン スクラッチ (6)
(完)ダイターン3 アニスケNO.1 (15)
(完)ゴールドライタン ベスメカNO.23 (13)
80年代アニメ・旧キット (11)
(完)ロボノイド 未来少年コナン (11)
90年代アニメ・キット (4)
テッカマンブレード1/16 (4)
東映特撮 (8)
イナズマン 1/24 ライジンゴー (3)
イナズマンF デスパー怪人 (1)
イナズマン イツツバンバラ (2)
超人バロム・1 オコゼルゲ (1)
超人バロム・1 ウデゲルゲ (1)
円谷特撮 (19)
(完)ゴモラ The特撮コレクション (11)
(完)スペル星人 HGサイズ (8)
ウルトラ怪獣消しゴム 補完計画 (17)
(完)1作目 スペル星人 (4)
(完)2作目 シルバーブルーメ (4)
(完)3作目 ブラックドーム (4)
(完)4作目ガヴァドンA (3)
5作目ゼットン星人 (2)
スケールキット (3)
ソビエト自走砲 SU-122 1/48 (2)
陸上自衛隊 10式戦車 1/35 (1)
模型用道具&材料 (6)
旧キット紹介 (54)
プラモ ミニカタログ (39)
キットレビュー (15)
駄物玩具(チープトイ) (60)
お奨めの書籍と映像 (3)
ジオン栄光の物品 (3)
各種リスト関係 (18)
ガンダムカラーリスト (4)
プラモ関係リスト (3)
ロボットアニメ年代リスト (3)
ウルトラ怪獣消しゴム (7)
旧キット再販 (4)
バンダイ HG・UC/FC (14)
モビルワーカー01式 漫画版 (4)
(完)旧ザク改造・作業用ザク (1)
(完)プチッガイ (4)
比較キットレビュー (4)
黒歴史 (1)
おもちゃ (44)
ゲーム関係 (1)
モンスターハンター関係 (6)
買い物 (89)
イベント (41)
自転車 (2)
ブログ関係 (33)
節目の挨拶 (15)
ブロ友さん (18)
その他 (7)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

AquariumClock 2

Amazon商品一覧【新着順】

Amazonでのおすすめ商品です。

S.H.モンスターアーツ スペースゴジラ
S.H.モンスターアーツ スペースゴジラ

S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ (初回特典付き)
S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ (初回特典付き)

S.H.モンスターアーツ ゴジラ (1995) 初回限定特典「東宝特撮メカ2種」付き
S.H.モンスターアーツ ゴジラ (1995) 初回限定特典「東宝特撮メカ2種」付き

ダイナマイトアクションNO.14 宇宙魔神ダイケンゴー ダイケンゴー
ダイナマイトアクションNO.14 宇宙魔神ダイケンゴー ダイケンゴー

超合金魂 無敵ロボ トライダーG7
超合金魂 無敵ロボ トライダーG7

戦車模型超級技術指南「塗装編」 (Master Piece collection)
戦車模型超級技術指南「塗装編」 (Master Piece collection)

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR