新旧プラモつくっちゃうぞ!おもちゃもね・・・プラモデル製作日記です!

ガンプラや80年代のリアルロボ(ダグラム・ザブングル・ボトムズ等)の旧キット(モナカ)の改造・製作記事です。古いキット・ガチャ・食玩・なども紹介します。

HGABビアレス レビュー


がっかりキットレビュー 第2回
バンダイ製 HGABシリーズ NO.6 オーラバトラー・ビアレス


 タイトルの“がっかり”は、組み立てた後の感想の事です。
 少し前に発売されたキットを遅まきながらレビューします。

 第2回目は、HGABの第6弾のビアレスです。
 発売は2000年10月なので、10年経過しているキットです。
 当時このキットの発売に、ダンバインファンは喜びました。
 今考えても、奇跡としか思えません。
 
 このキットも今月再販されます。
当時価格1,200円でしたが、1,600円に値上がりします。
 ビルバインと同様な、なんとも不可解な価格上昇を行っています。
 
 さて、そんな奇跡的な発売が行なわれたキットの出来は如何な物だったのでしょうか?
 早速組立てました。

 1) パーツ構成
 ・複数の色が1枚のランナーに納まった、Aパーツ
 ・ブルーグレーが成形色の、B1パーツ
 ・ブルーグレーが成形色の、B2パーツ
 ・ABS樹脂製の、Cパーツ
 ・関節の筋モールドがされた合成ゴムの、Dパーツ
 ・羽根の、Eパーツ
 ・ポリキャップとシール
HGビアレス

 HGUCのガンプラと同じ構成です。
 Aパーツのみを多色成形にして、他のパーツは単色としてコストダウンを計っていると思われます。
 そして、成形色での分割が不可能な箇所は、毎度お馴染みのピッタリとくっつかないシールを付属しています。
  
 ① 組立て易さ
 基本的には、組み立て難い箇所はありませんでした。
 腰のアーマーなどもボールジョイント等で後ハメで接続が可能です。
 特に細かいパーツも無いので、パーツ構成は優秀なのではないでしょうか?

 ② 材質
 羽は前回のビルバインと同様の柔らかい、スチロール樹脂で出来ているらしいので、塗装は出来そうです。
 
 関節の筋は、ゴム製?の物が付属しています。
 パトレイバーの物と異なり、他のパーツと接触して10年程度経過しましたが、プラ材を侵食する事はありませんでした。
 ゴムの劣化も見受けられませんでした。

 ほとんどの関節類をABS樹脂で出来たパーツを使用しています。
 確かに、ABS樹脂はスチロール樹脂と比較すると、硬い為に磨耗による削りがほとんどありません。
 ですが、その反面として材質の柔軟性がありません。
 嵌め合うパーツのサイズが、合っていないと悲劇が起こります。
 ビルバインも酷かったのですが、このビアレスのABSパーツの調整は最悪です。
 不良品なのでは?と思いました。
 実際に嵌め合いがきつくて、折れました・・・

 ポリキャップを使用すると、関節のカバーとPCが必要になりますが、ABS樹脂であれば関節カバー兼関節になる為に、PCが不要になるのでメーカーはコストダウンになる事でしょう・・・


 2)組立後
 ① デザインからの読解が難しい頭部を、少ないパーツで見事に再現しています。
 ② キャノピーは、普通の透明パーツでした。
 ③ ABSの嵌め合いが、異常なほどキツイ!
  脚の付け根を取付けた後に、動かしたら・・・見事にぽっきりと折れました!
  真鍮線で芯を通してから、プラリペアで補強しましたが・・・
  パチ組みオンリーな方であれば、ゴミ箱直行?
  反対側は、ボール側を丁寧にヤスッてから取り付けました。
 ④ トマホークを腕に収納する場合に、嵌め合い用のポッチが腕の下部に設置してあります。
 その為に、重い上部が下に垂れて情けない収納状態になります。
 これは、設計ミスでしょう!
 ⑤ 全体のプロポーションは、アレンジを加えた感は薄いです。
 おじさん達が望んでいる形状だと思います。
 ⑥ 関節の筋が合成ゴム製の一体モールドの為に、手を加える事が出来ません。
 改造させない為の嫌がらせか?

HGビアレス

 3) 総合評価
 個人的な評価は、100点満点中・・・45点です。
 当時、キット化されなかった残念な思いが報われました。
 ビルバインと比較すれば、購買層が何を望んでいるのか読み取れた結果が形になっているようです。
 肩・脚の装甲も可動なので、ポージングも思いのままです。

 惜しむべきは、ABSパーツの嵌め合い調整がいい加減な事です。
 関節が折れた、ロボットのプラモデルは“ゴミ”ですから・・・
 しかも、組立て中に折れるなんて不良品ですよ!
 金出して、不幸を買う様な物です。
 どうしてもビアレスが欲しい方は、ABSの嵌め合いに気を付けて下さい。



  <ひとり言>
 どうも最近のスナップフィットのプラモは、メーカーが意図して改造が困難にしているとしか思えません。
 手足の入れ換えなどは、ジョイントが合えば容易に出来ますが、本当の意味での改造(延長・幅詰め)が不可能です。
 HGUCは、スナップフィットの軸が邪魔をしています。
 MGは、内部パーツと外装に分ける事で困難にしています。
 RGは、もっと凶悪な構造で、ストレート組み以外は不可らしいです。(模型店のおっちゃん談)
 (外装をイジル事は可能なですが・・・)

 なんで、メーカーの言いなりに作らなければならないのか?
 なんで、メーカーが勝手にデザインするのか?
 なんで、これらをプラモデルと呼ぶのか?

 工夫や想像を否定されている感じで、なんか悲しいですね・・・

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/11(土) 13:03:52|
  2. キットレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<旧キット紹介 ブルーバージョン | ホーム | ゴッグの細部パーツ修正 その1 ガンプラ・旧キット改造>>

コメント

ビアレスはもっていませんが

イリコさんの仮組みショットを見る限りは結構出来がいいように見えます。私だったら80点くらいかな。
今月再版されるなら買おうとおもいます。

>なんで、メーカーの言いなりに作らなければならないのか?
>なんで、メーカーが勝手にデザインするのか?
よくわかります。
最近は、アフターパーツを使いつついかにきれいに完成させるかというようなベクトルに向かっているような気がします。

デザインに関しては時代時代で解釈を変えていますよね。後ハメできるようにとか、合わせ目を目立たせないパーツ構成とかそういう観点では目を見張る進化を遂げていると思いますが、デザインに関しては進化しているとは言えない気がします。

ガンダムはMG以降なぜ脚の甲の部分が細くなったのでしょうか?
ザクは脚の甲の部分がMGVer1ではスラっとしていたのに、Ver2ではずんぐりとしてしまいました。しかも可動させるためにすごい隙間が空きまくり・・・
コクピット下の腰の動力パイプの接合部分は時代時代でやっぱり色々・・・顔だって・・・

今では設定画なんてほとんど無視状態ですよね。
そういや、カトキさんに再デザインさせているんでしたよね。

つくってしまえば全然見えなくなるムーバブルフレームなんてシロモノに誰もなんにも言わないのがすごく不思議です。値段を嵩上げするためだけのメーカーの戦略としか思えません。
  1. 2011/06/13(月) 01:43:50 |
  2. URL |
  3. カメイ #-
  4. [ 編集 ]

HGABの中では

いい出来の部類だとは思います。
形状だけなら70点です。
しかし、関節が折れるのは・・・
関節が折れると、心が折れますv-406
明らかに、金型の調整不足に感じたので、厳しい点数を付けました。
昨日組み始めたダンバインは、もっと悲惨でしたが・・・

MG・RGの内部構造なんて、おっしゃるように値段を吊り上げる為の口実でしょうね。
ほとんどの人が、普通に組立て飾るだけでしょう。
それなら、全く不要な物ですからね。

可動の為の、大きな隙間も嫌な箇所の1つです。
明らかに、「動かすから、隙間があるんだよ~」的なのは・・・

デザインの問題も大きいですよね。
MGの企画が始まったときは、デザインを大河原邦男氏が行い、立体的なアプローチをMAX渡辺氏と佐藤直樹氏が行なう事で、しっかりした基礎ができたのだと思います。
出来の方は・・・でしたが。
その後、ぽっと現れたカトキが「トンビが油揚げをさらう」如く持っていきました。
ガンダム・GM系の脚のデザインなんて「細く長くて足がでかい!」的な奇妙なバランスです。
デザインも理屈に合っていません。
元デザインからの悪変としか思えません。
このクセのあるデザインは、ブームが終息した後の生産時には、どう受け取られるのでしょうか?

元のデザインを重視して、目立たない様な可動を目指して欲しいですね。
となると、劇中デザインの再現になりますが、可動戦士的な考えがしっくり来ますね。
  1. 2011/06/13(月) 11:14:15 |
  2. URL |
  3. イリコ・キューピー #-
  4. [ 編集 ]

値上げは
原油価格の高騰が原因では?

5、6年前に比べたら
ガソリン値が2、3割増し位になってるのに
ニュースにもならん

もう皆感覚が麻痺してるんじゃないだろうか?


ライネックのキット化が当時嬉しく購入しましたが
やはり旧キットとのスケールの違いに
ガッカリした記憶がありました
  1. 2011/07/22(金) 18:32:36 |
  2. URL |
  3. ネームレス #-
  4. [ 編集 ]

その昨今のキットを工夫と想像で改造するのがモデラーなんじゃないですか?
値上げは物価上がってるんだから当たり前じゃないですか?
内部フレーム不要論には同意します。
  1. 2015/11/18(水) 20:51:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

名無し さん

> その昨今のキットを工夫と想像で改造するのがモデラーなんじゃないですか?
ですから、やってますよ。
自分が言っているのは、旧キットと比較して、改造が行い難い構造と言っているのですが・・・

> 値上げは物価上がってるんだから当たり前じゃないですか?
同意された、『内部フレーム不要論』のものが含まれて高価になっている、と言う事についてはどう思われるのでしょうか?
  1. 2015/11/19(木) 14:59:52 |
  2. URL |
  3. イリコ・キューピー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pramotoy.blog130.fc2.com/tb.php/222-1c18616c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

イリコ・キューピー

Author:イリコ・キューピー
ガンダム・ダグラム・ザブングル・ボトムズ・ダンバイン・ドラグナーなどサンライズのリアルロボット系のプラモデルを中心に作っています。
作るプラモは、もちろん!旧キットです。

目的は、設定画のフォルムを再現する事です。
その為には、そこそこの改造が必要ですが、HGUCなどは一切使用しません。
可動よりフォルム優先で、作っています。

制作速度は遅いのに、変なこだわりを持って作っているので完成品がまだ少ないのですが、みなさんに見て頂く事で途中放置しないで続けて行ければと思っています。

息抜きに、旧キットの紹介・古いガチャや食玩・最近の買い物なども紹介します。

ご意見・ご感想などは、コメントからいただけたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

機動戦士ガンダム 旧キット (190)
(完)ズゴック ベストメカNO.10 (17)
(完)ジム ベストメカNO.17 (18)
(完)ゴッグ ベストメカNO.19 (29)
(完)アッガイ小田版 ベストメカNO.22 (10)
(完)アッガイ設定版 ベストメカNO.22 (26)
(完)ボール ベストメカNO.26 (10)
(完)エルメス ベストメカNO.30 (29)
(完)ゾック 1/144 (22)
量産型ゲルググ 1/144 (6)
(完)番外編 機動鋼人ガンボイ (23)
伝説巨神イデオン (24)
ロッグ・マック 1/600 (3)
(完)ズロオ・ジック 1/600 (11)
(完)ギル&デッカ・バウ 1/600 (10)
ゴンド・バウ 1/600 スクラッチ (0)
戦闘メカ ザブングル (61)
(完)トラッド11タイプ1/144 NO.7 (13)
(完)アイアン・ギアーLS 1/1000 (33)
(完)ドラン・ブラッカリィ・バッファロー1/1000 (14)
ザブングル1/144自作 (1)
超合金魂 (0)
聖戦士ダンバイン 旧キット (7)
ショウ・ザマ用ダンバイン 1/72 (7)
太陽の牙ダグラム SAKシリーズ (85)
(完)NO.2 ソルティック 1/72 (26)
(完)NO.7 インステッド 1/72 (7)
NO.12 ヤクト・ダグラム 1/72 『YOUつく』参加品 (36)
NO.22 2連装対空砲ザック 1/72 (3)
NO.25 ハンググライダー装着タイプ 1/72 (3)
陸上行動強化型ザック 1/72 (4)
水中行動強化型ザック 1/72 (2)
ダグラム・武装強化タイプ 1/72 (4)
MF製ネイティブダンサー1/72 (0)
装甲騎兵ボトムズ (6)
イグザートキャトル1/60自作 (3)
マスカレイドコング1/60自作 (0)
(完)ブロッカー1/60自作 (1)
(完)クレバーキャメル1/60自作 (1)
(完)ダイビングビートル1/60自作 (1)
銀河漂流バイファム (13)
NO.4 ディルファム 1/144 (13)
超力ロボ ガラット (12)
通学ロボ パティーグ (12)
超時空要塞マクロス (2)
トマホーク1/72・WAVE製 (2)
超時空騎団サザンクロス (19)
(完)ジャンヌ少尉 1/12 (19)
テクノポリス21C (65)
(完)ブレーダー 1/16 (15)
(完)ビゴラス 1/16 (23)
(完)スキャニー 1/16 (21)
(完)テクドッグ・トム 1/16 (6)
タイムボカンシリーズ (0)
大巨神(ヤットデタマン) 1/230 (0)
スーパーロボット系 (51)
(完)ライディーン ベスメカNO.31 (12)
(完)ドローメ スクラッチ (5)
(完)化石獣バストドン スクラッチ (6)
(完)ダイターン3 アニスケNO.1 (15)
(完)ゴールドライタン ベスメカNO.23 (13)
80年代アニメ・旧キット (11)
(完)ロボノイド 未来少年コナン (11)
90年代アニメ・キット (4)
テッカマンブレード1/16 (4)
東映特撮 (8)
イナズマン 1/24 ライジンゴー (3)
イナズマンF デスパー怪人 (1)
イナズマン イツツバンバラ (2)
超人バロム・1 オコゼルゲ (1)
超人バロム・1 ウデゲルゲ (1)
円谷特撮 (19)
(完)ゴモラ The特撮コレクション (11)
(完)スペル星人 HGサイズ (8)
ウルトラ怪獣消しゴム 補完計画 (17)
(完)1作目 スペル星人 (4)
(完)2作目 シルバーブルーメ (4)
(完)3作目 ブラックドーム (4)
(完)4作目ガヴァドンA (3)
5作目ゼットン星人 (2)
スケールキット (3)
ソビエト自走砲 SU-122 1/48 (2)
陸上自衛隊 10式戦車 1/35 (1)
模型用道具&材料 (6)
旧キット紹介 (54)
プラモ ミニカタログ (39)
キットレビュー (15)
駄物玩具(チープトイ) (60)
お奨めの書籍と映像 (3)
ジオン栄光の物品 (3)
各種リスト関係 (18)
ガンダムカラーリスト (4)
プラモ関係リスト (3)
ロボットアニメ年代リスト (3)
ウルトラ怪獣消しゴム (7)
旧キット再販 (4)
バンダイ HG・UC/FC (14)
モビルワーカー01式 漫画版 (4)
(完)旧ザク改造・作業用ザク (1)
(完)プチッガイ (4)
比較キットレビュー (4)
黒歴史 (1)
おもちゃ (44)
ゲーム関係 (1)
モンスターハンター関係 (6)
買い物 (88)
イベント (41)
自転車 (2)
ブログ関係 (33)
節目の挨拶 (15)
ブロ友さん (18)
その他 (5)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

AquariumClock 2

Amazon商品一覧【新着順】

Amazonでのおすすめ商品です。

S.H.モンスターアーツ スペースゴジラ
S.H.モンスターアーツ スペースゴジラ

S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ (初回特典付き)
S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ (初回特典付き)

S.H.モンスターアーツ ゴジラ (1995) 初回限定特典「東宝特撮メカ2種」付き
S.H.モンスターアーツ ゴジラ (1995) 初回限定特典「東宝特撮メカ2種」付き

ダイナマイトアクションNO.14 宇宙魔神ダイケンゴー ダイケンゴー
ダイナマイトアクションNO.14 宇宙魔神ダイケンゴー ダイケンゴー

超合金魂 無敵ロボ トライダーG7
超合金魂 無敵ロボ トライダーG7

戦車模型超級技術指南「塗装編」 (Master Piece collection)
戦車模型超級技術指南「塗装編」 (Master Piece collection)

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR