新旧プラモつくっちゃうぞ!おもちゃもね・・・プラモデル製作日記です!

ガンプラや80年代のリアルロボ(ダグラム・ザブングル・ボトムズ等)の旧キット(モナカ)の改造・製作記事です。古いキット・ガチャ・食玩・なども紹介します。

ゴモラのボディ改修・旧キット改造


特撮テレビ番組 ウルトラマン 第26,27話登場  
バンダイ製 The特撮Collection NO.2 1/350スケール『古代怪獣ゴモラ』
第3回 ゴモラのボディ改修


 ちょっぴり、バランスが変ですね。
 1つ1つ、直していきましょう。


 ① 頭部の付き方
 頭部が前に出過ぎて、少し上を向いている様です。
 頭部が下を向く様に、接着面を削ります。
 更に、頭部が微妙に傾く程度に左右をアンバランスに削ると、自然な感じになります。
 真正面向いていたら変ですからね。

 ② 胴の長さ
 頭部や腕と脚とのバランスを考えると、少し長い様です。
 真ん中辺りで輪切りにして、1~1.5mm程度削ったら接着します。
 隙間はヒートペンで埋めます。

 ③ 腹部の棘
 キットのモールドは、非常におとなしい感じです。
 しかも、お腹の出具合も控え気味な感じです。
 ヒートペンを使って、少し派手なギザギザに変えます。
 細かく刻んだランナーを
 『コテ先で溶かして⇒盛り付け』を繰り返しながら、1箇所づつ積んでいきます。
 盛り付けることで、恰幅の良いお腹にもなります。


ゴモラ改造腹部途中

 不規則になる様に、1棘・1棘と積み上げます。
 ここまで作るのに30分以上掛かりました。
 あとは、根気のみです。
 
 作りっぱなしでは、ささくれ立った個所も多いので、流し込み用の接着剤を全体に塗布して均しました。


ゴモラ改造腹部前

 次回は脚を作ります。


  <ひとり言>

 今回は、偉大なデザイナー成田亨氏です。
 絵のタッチは非常に独特で、好みが分かれるのではないでしょうか?
 走るような格好の、成田ポーズなんてのもありました。

 氏の偉業は、それまでの東宝怪獣の様な恐竜・昆虫などの生物を巨大化させたデザインでは無いところにあると思います。
 恐竜や既存の生物を巨大化させればリアリティを生みますが、デザインが単調になってしまいます。

 ウルトラは怪獣が主役と『円谷英二』監督が語っていました。
 その主役となる怪獣達の形状が、単調になってしまえば、作品は台無しです。
 このマンネリを打破する為には、今までに無い画期的なデザインが必要だったのでしょう。
 レッドキングの様に幾何学模様を体表に取り入れたり、ゼットンの様にモチーフさえ想像が付かないデザインは、高山氏の造型と相まって素晴らしい作品に仕上がりました。
  
 成田氏のデザインと高山氏の造型は、今見ても色褪せません・・・
 その後の、日本の怪獣の基礎となった事は間違い無いでしょう。
 そして現在においても、両氏のデザインと造型を超えた作品を見る事はありません。
 
 デザインは出した物勝ち的な事もあるでしょうが、怪獣・宇宙人のデザインで遊び線を極力無してラインで見せる事ができる、度胸と腕のあるデザイナーは居はしません。(池谷氏は除く)
 更に、マテリアル・道具など格段に進化している筈なのに超えられない造型・・・
 近年、ゴモラやレッドキングなどを復活させていますが、遠く及びませんね~
 なぜなのでしょう??


関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 "励みになります。拍手ボタンを押してやって下さい。押す時は『ポチッとな』の合言葉を忘れずに・・・"

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/28(水) 13:22:31|
  2. (完)ゴモラ The特撮コレクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<プラモデルのチラシ 第12回 | ホーム | ゴモラの頭部改修・旧キット改造>>

コメント

怪獣造形が初代に及ばない理由…

奇跡ともいえる造形美を越えようと思ったら、気の遠くなる程のトライが必要になるからでは?


現代のビデオ作品じゃ、予算的にも時間的にも、そんな余裕は無いですから。


あと、ビデオはダメですよね。どんな良い造形も奥行きがなくて重厚感が出ないから…

  1. 2011/09/28(水) 20:46:21 |
  2. URL |
  3. シャドウ #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

すごいことやってますねー。ごもら。

当時、「僕には無理!!」ってあきらめました。
で、おまけのビートルだけ作った遠い記憶が・・

結局、怪獣プラモはゼンマイで動くのしか完成しませんでした。

リアルを追及すると、粘土造形になっちゃいますしね。(造形力の無い僕には粘土があっても無理ですが)

このままの勢いでいっちゃってください。


~近年、ゴモラやレッドキングなどを復活させていますが、遠く及びませんね~ なぜなのでしょう??~

結局、過去の名作をどれだけ素晴らしい技術でリメイクしても、オリジナルには敵わないってっことでしょう。(過去作品の「続き」はまだ許容範囲ですが)

ウルトラしかり、ライダーしかり、ガンダムしかりでしょう。

「これだけ面白いのなら」なにも過去のネームバリューに頼らなくても・・と思うこと多いです。

そろそろ、「新しい」ものが見たいですね。

では。





  1. 2011/09/28(水) 20:57:17 |
  2. URL |
  3. woody01 #-
  4. [ 編集 ]

確かにその通りかも

あの造形美が頂上ですよね。
それに似せる為には、相当な努力が必要なんですね。

確かに重量感は無いですね。
そして、スーツも軽い感じです。

人のことは言ってられませんね。
今回のこの造形も同じですけど・・・
  1. 2011/09/28(水) 21:59:57 |
  2. URL |
  3. イリコ・キューピー #-
  4. [ 編集 ]

怪獣プラモの改造

あまり見た事ありませんよね。
なら、やってみよう!!って事で始めました。
取り敢えず作業は進めますが、見るに堪えない作品になったら・・・m(__)m

ゼンマイで動く奴って、SDみたいな形状の物ですかね。
あれも酷かった~

オリジナル作品が頂点と言う事ですね。
そこに近づく事は出来ても、超える事は出来ない・・・

>過去のネームバリューに頼らなくても・・
スポンサーや視聴者に説得し易いんでしょうね。
ガンダム・ライダー・ウルトラなら、ある程度の最低収入は得られるが、オリジナルでは未知数・・・
この冒険ができないのでしょう(-。-)y-゜゜゜
さみしい時代です。
  1. 2011/09/28(水) 23:17:24 |
  2. URL |
  3. イリコ・キューピー #-
  4. [ 編集 ]

口から火花を散らすチョロQのゴジラシリーズのおもちゃも有りましたね。懐かしいなぁ。
  1. 2011/09/28(水) 23:56:37 |
  2. URL |
  3. kumakino #-
  4. [ 編集 ]

タカラのおもちゃですね

ありましたね~

デュアルマガジンで、広告?商品説明?を見たことがありますが・・・
さすがに、これには手が出なかった(>_<)

しかしチョロQゴーグは、特価(100円)で売っていたので持っています。
  1. 2011/09/29(木) 11:23:51 |
  2. URL |
  3. イリコ・キューピー #-
  4. [ 編集 ]

初期の頃の怪獣って

ネロンガとか、このゴモラとかもそうですけど
結構、太っててどっしりした怪獣が多く動物っぽくて
わたしは好きなんですけど・・・

シリーズを重ねるごとに
段々と痩せていって薄っぺらい着ぐるみ怪獣に
なっていったのが残念でしたね^^;

オイルショックとかで材料が手に入りにくく
なったせい?とか子供の頃に見てた怪獣百科で
見たような覚えもあるのですけど。。。
昔のことで、よく覚えてないです^^;

次回も楽しみにしてます。
  1. 2011/09/29(木) 22:17:50 |
  2. URL |
  3. でぷあ #wt5wr5qs
  4. [ 編集 ]

え~っと、、( ̄~ ̄;)

オイルショックって、ウルトラマン本放送の数年後だからね…


円谷プロって、昔から経営が下手で、(作品を)作れば作る程赤字になってた。


だから制作費削減で、東宝からの(着ぐるみの)借り出しや、使い回し(ベムラー→ギャンゴ、パゴス→ネロンガ→ガボラ→マグラとか)をやったけど、版権やイベント絡みでペイしてたから、制作費削減で着ぐるみスリムは無いと思うぞ…


あと、職人・円谷一族が君臨してた頃だから、原材料削減なんて考えてもないでしょうな…


愛すべき特撮バカの円谷一族(アキラさんまでね…セクハラじじいとかは円谷の面汚しだから)の為に、擁護の書き込みね。。。
  1. 2011/09/30(金) 06:55:14 |
  2. URL |
  3. シャドウ #-
  4. [ 編集 ]

ん~~~難しい

ウルトラセブンでも、中盤以降で制作費を削られたと言う話しは、聞いた事があります。
なので、上半身だけの安っぽい宇宙人が多く出たり、シャドウマン・マヤ・第4惑星など着ぐるみを使用しない話しが多いのも、その所為なのでしょうか?
ガッツ星人の着ぐるみは、ぺらぺらだったような気もしますが・・・パンドンは重厚な造型で初期と変わらない様でもあります。
オイルショックは、帰りマン以降だったので、でぷあさんは、この辺の話しとごっちゃになってしまったのでは?

でも、円谷プロにとって怪獣は、ドル箱ですから手を抜くような事は無い!とも考えられます。
ただし、帰りマン初期まで?
ゼットン2代目の使い回しは、子供心ながら悲しかった(T_T)

しかし、最近の着ぐるみは軽い感じがするのは確かです。
マテリアルが進歩したからなのでしょうか。
それによって、脚や腕を大げさに振り上げて、重量感が無くなっているのは否めませんね。
俳優さんの配慮が足りないのか?演出が下手なのか?
どっちにしても、巨大さが伝わらないですね。

シャドウさんのおっしゃるように、円谷プロは商売が下手ですね。
作品を作れば、赤字を出すのに対策をしない?
あれだけの資産(ウルトラ・怪獣)を持っていながら、買収されてしまいましたから・・・
  1. 2011/09/30(金) 10:48:14 |
  2. URL |
  3. イリコ・キューピー #-
  4. [ 編集 ]

言葉足らずでしたかね^^;

なんか誤解をさせちゃたみたいで
申し訳ないです^^;

>シリーズを重ねるごとに
>段々と痩せていって

という書き方がマズかったのかも。

その怪獣百科には
「タロウに登場する怪獣の頃にはオイルショック
の影響で云々・・・」
というような趣旨のことが”裏話”として
書かれてあったような記憶があります^^

あと、シャドウさんが”擁護”と書かれて
らっしゃるようなので、ちょっと気になったのですが

もし気分を害されていらっしゃるのでしたら
ごめんなさい^^;決して悪い意味というか
ネガティブな批判コメントのつもりでは全然無くて
わたし的には「太ってる怪獣の方が好きです」
ということが言いたかっただけですので。。

これからはコメントさせていただく際には
誤解されないように気をつけますので^^;汗
  1. 2011/09/30(金) 22:38:14 |
  2. URL |
  3. でぷあ #wt5wr5qs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pramotoy.blog130.fc2.com/tb.php/264-80e6fc34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

イリコ・キューピー

Author:イリコ・キューピー
ガンダム・ダグラム・ザブングル・ボトムズ・ダンバイン・ドラグナーなどサンライズのリアルロボット系のプラモデルを中心に作っています。
作るプラモは、もちろん!旧キットです。

目的は、設定画のフォルムを再現する事です。
その為には、そこそこの改造が必要ですが、HGUCなどは一切使用しません。
可動よりフォルム優先で、作っています。

制作速度は遅いのに、変なこだわりを持って作っているので完成品がまだ少ないのですが、みなさんに見て頂く事で途中放置しないで続けて行ければと思っています。

息抜きに、旧キットの紹介・古いガチャや食玩・最近の買い物なども紹介します。

ご意見・ご感想などは、コメントからいただけたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

機動戦士ガンダム 旧キット (190)
(完)ズゴック ベストメカNO.10 (17)
(完)ジム ベストメカNO.17 (18)
(完)ゴッグ ベストメカNO.19 (29)
(完)アッガイ小田版 ベストメカNO.22 (10)
(完)アッガイ設定版 ベストメカNO.22 (26)
(完)ボール ベストメカNO.26 (10)
(完)エルメス ベストメカNO.30 (29)
(完)ゾック 1/144 (22)
量産型ゲルググ 1/144 (6)
(完)番外編 機動鋼人ガンボイ (23)
伝説巨神イデオン (24)
ロッグ・マック 1/600 (3)
(完)ズロオ・ジック 1/600 (11)
(完)ギル&デッカ・バウ 1/600 (10)
ゴンド・バウ 1/600 スクラッチ (0)
戦闘メカ ザブングル (61)
(完)トラッド11タイプ1/144 NO.7 (13)
(完)アイアン・ギアーLS 1/1000 (33)
(完)ドラン・ブラッカリィ・バッファロー1/1000 (14)
ザブングル1/144自作 (1)
超合金魂 (0)
聖戦士ダンバイン 旧キット (7)
ショウ・ザマ用ダンバイン 1/72 (7)
太陽の牙ダグラム SAKシリーズ (86)
(完)NO.2 ソルティック 1/72 (26)
(完)NO.7 インステッド 1/72 (7)
NO.12 ヤクト・ダグラム 1/72 『YOUつく』参加品 (37)
NO.22 2連装対空砲ザック 1/72 (3)
NO.25 ハンググライダー装着タイプ 1/72 (3)
陸上行動強化型ザック 1/72 (4)
水中行動強化型ザック 1/72 (2)
ダグラム・武装強化タイプ 1/72 (4)
MF製ネイティブダンサー1/72 (0)
装甲騎兵ボトムズ (6)
イグザートキャトル1/60自作 (3)
マスカレイドコング1/60自作 (0)
(完)ブロッカー1/60自作 (1)
(完)クレバーキャメル1/60自作 (1)
(完)ダイビングビートル1/60自作 (1)
銀河漂流バイファム (22)
NO.4 ディルファム 1/144 (22)
超力ロボ ガラット (12)
通学ロボ パティーグ (12)
機甲界ガリアン (1)
ミニプラ・鉄巨神 (1)
超時空要塞マクロス (2)
トマホーク1/72・WAVE製 (2)
超時空騎団サザンクロス (19)
(完)ジャンヌ少尉 1/12 (19)
テクノポリス21C (65)
(完)ブレーダー 1/16 (15)
(完)ビゴラス 1/16 (23)
(完)スキャニー 1/16 (21)
(完)テクドッグ・トム 1/16 (6)
タイムボカンシリーズ (19)
大巨神(ヤットデタマン) 1/230 (17)
大天馬(ヤットデタマン) 1/200 (2)
スーパーロボット系 (51)
(完)ライディーン ベスメカNO.31 (12)
(完)ドローメ スクラッチ (5)
(完)化石獣バストドン スクラッチ (6)
(完)ダイターン3 アニスケNO.1 (15)
(完)ゴールドライタン ベスメカNO.23 (13)
80年代アニメ・旧キット (11)
(完)ロボノイド 未来少年コナン (11)
90年代アニメ・キット (4)
テッカマンブレード1/16 (4)
東映特撮 (8)
イナズマン 1/24 ライジンゴー (3)
イナズマンF デスパー怪人 (1)
イナズマン イツツバンバラ (2)
超人バロム・1 オコゼルゲ (1)
超人バロム・1 ウデゲルゲ (1)
円谷特撮 (19)
(完)ゴモラ The特撮コレクション (11)
(完)スペル星人 HGサイズ (8)
ウルトラ怪獣消しゴム 補完計画 (17)
(完)1作目 スペル星人 (4)
(完)2作目 シルバーブルーメ (4)
(完)3作目 ブラックドーム (4)
(完)4作目ガヴァドンA (3)
5作目ゼットン星人 (2)
スケールキット (3)
ソビエト自走砲 SU-122 1/48 (2)
陸上自衛隊 10式戦車 1/35 (1)
模型用道具&材料 (6)
旧キット紹介 (54)
プラモ ミニカタログ (39)
キットレビュー (15)
駄物玩具(チープトイ) (61)
お奨めの書籍と映像 (3)
ジオン栄光の物品 (3)
各種リスト関係 (18)
ガンダムカラーリスト (4)
プラモ関係リスト (3)
ロボットアニメ年代リスト (3)
ウルトラ怪獣消しゴム (7)
旧キット再販 (4)
バンダイ HG・UC/FC (14)
モビルワーカー01式 漫画版 (4)
(完)旧ザク改造・作業用ザク (1)
(完)プチッガイ (4)
比較キットレビュー (4)
黒歴史 (1)
おもちゃ (44)
ゲーム関係 (1)
モンスターハンター関係 (6)
買い物 (91)
イベント (45)
自転車 (2)
ブログ関係 (33)
節目の挨拶 (15)
ブロ友さん (18)
その他 (6)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

AquariumClock 2

Amazon商品一覧【新着順】

Amazonでのおすすめ商品です。

S.H.モンスターアーツ スペースゴジラ
S.H.モンスターアーツ スペースゴジラ

S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ (初回特典付き)
S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ (初回特典付き)

S.H.モンスターアーツ ゴジラ (1995) 初回限定特典「東宝特撮メカ2種」付き
S.H.モンスターアーツ ゴジラ (1995) 初回限定特典「東宝特撮メカ2種」付き

ダイナマイトアクションNO.14 宇宙魔神ダイケンゴー ダイケンゴー
ダイナマイトアクションNO.14 宇宙魔神ダイケンゴー ダイケンゴー

超合金魂 無敵ロボ トライダーG7
超合金魂 無敵ロボ トライダーG7

戦車模型超級技術指南「塗装編」 (Master Piece collection)
戦車模型超級技術指南「塗装編」 (Master Piece collection)

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR